静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
7月の天気

7月の天気予報、

明日は、大雨に注意とか猛暑になると聞けば〜

嫌だなーと。つまりは、夏が苦手になりますね。

 

私は、やはり暑さには強いようです。

この暑さになると、夏が来た!と、店内はまだ冷房要らず。

これから先が、どのくらいの暑さになるのでしょうか。

少々の過酷なお天気は、少々の修行の場にもなりますから。

| masutake | ますたけの事 | 16:42 | comments(0)
道路の補修

店の前の道路の補修工事。

昨日、掘り返した部分に新たなコンクリート。

左官さんが道具を使い平らに。

職人仕事は、見続けてしまいます。

 

営業は、通常に行っています。

 

これから、午後の教室です。

| masutake | ますたけの事 | 13:31 | comments(0)
今日も白シャツ

時々、言われます。いつも、白シャツですね、って。

 

今日も、いつもの白シャツ。

そして、販売の時計はアームバンドに欠かせません。

 

 

30代の頃から、一年のそのほとんどが綿の白シャツ。

同じメーカーの同じ型のものだけ。

不思議に、全く飽きなくて、体にしみついた感じで。

冠婚葬祭も。その時には、ストックの新品をおろします。

 

ますたけの商いも、ずっと商品変わらず。

同じです。

| masutake | ますたけの事 | 13:31 | comments(0)
悩む贈り物

私自身が、

お人への贈り物選びに、とても苦しみ悩むようになって長いです。

ずっと以前は、

ハンカチ・タオルや雑貨類、きれいなお菓子など気楽に選んでましたが。

その気楽は、独りよがりだったのかもしれないと。

お人へ品物を差し上げること、ほんとうに難しいことになってきました。

 

今日は、店の中から贈り物を用意しました。

大袈裟にならないように、負担にならないように、無駄でないように。

折紙をされる方には、千代紙を。
もう一人の方には、私を伝えながらふだん使いの紙の物。

 

お中元お歳暮の品も、もういらないという時代になってきて。

その断り方まで、悩む時代になって。

私の生きてきた半世紀の、生活様式の変化は強烈です。

 

こちらは、ウーモの当選者様への贈り物です。

| masutake | ますたけの事 | 13:02 | comments(0)
仕事冥利に〜

紙は職業。

仕事として紙と向き合う中、初めてのお客さまにその所作をふいに誉められれば、

その一瞬、現実を忘れ、仕事冥利に尽きたりもします。

 

作法とは、別のところの紙からの所作ということば。

折紙をしていても、文庫本カバーなどを作っていても、一閑張りや箱張りも。

襖紙や障子紙、千代紙を巻くときや包むとき。

紙を数えるときも、切るときも、整えるときも。

どんな事をしていても、紙を扱うという事で、私の中では全て同じ事。

そして、全てが仕事。

きっと、同じ所作をしているんだろうな、と思います。

 

 

 

ご依頼の紙の断裁。本日は、厚紙と型染紙。

これも仕事ですから、かなりの枚数を重ね切り。

カッターと定規に、宜しくね、と伝えながらの仕事です。

 

| masutake | ますたけの事 | 13:32 | comments(0)
私の一閑張り

一閑張りを、私は、カゴ張りと言う事が多いです。

 

そのカゴ張り。販売のために作るのは、とっくの昔にやめて。

カルチャーや店で、張り方はご案内し続けてきましたが。

私とかかわって下さった皆さんは、よくご存知のこと。

私の悪い癖。

紙に対して、手を抜かなすぎること。

  

自分の勉強のためにだけ、カゴに和紙を張ってみました。

課題は!

手を抜いて、楽に張る!ということ。

当たり所の、一番最初の補強だけは手を抜けない。

後は、楽な感じで下張り、本張りを終えるように、

あちらこちらを、見過ごして張っていけば。

完成後、手首が痛くなりません。

塗装の柿渋も実験、冒険。新しい発見に感動したり。

  

乾燥は、日陰が必須の条件で。

残った柿渋は、和紙を染めてこちらも乾燥。

 

 

| masutake | ますたけの事 | 15:42 | comments(0)
久しぶりの出張講座

何となく、ゆるい感じでご依頼があったので、何となくお引き受けして。

カルチャーを退いてから、久しぶりの大勢の中での出張講座は昨晩のこと。

その多くは男性というのも、ライオンズクラブさんに招いて頂きました。

お一人お一人が、真剣に紙を手にして頂いて。

私流儀の紙を、いつものように押し付けての時間でした。

見渡せば、男性がほとんど。緊張が、終わってから押し寄せてきました。

 

静岡けやきライオンズクラブさん、

社会貢献を目的とした男女隔てのない奉仕団体の雰囲気は

初めてながらの、居心地の良さからも感じられました。

| masutake | ますたけの事 | 13:48 | comments(0)
日常から

暖かくなってきて、日差しも気になりだしたのか。

今日から杖代わりに日傘を使うね、と店に母。

手提袋も涼しげに。

首に巻かれたスカーフは正方形。

咄嗟のときには、風呂敷の代わりにも使われます。

身の周りは、季節と年齢を考えて自分流の母。

まだ寒い頃、母の病院に付き添って驚いたことは見習おうと。

待合室に入ると、上着、マフラーを外し手早く丸めて椅子に座り

使い慣れた風呂敷を出して、ささっと全ての持ち物を小さく包み込んで膝の上。

その動作中、風呂敷は雑音を出しませんので全く気にならずで。

周りからは、ガサガサ、シャリシャリといろんな音が聞こえますが。

 

私も、混雑した病院に時々いきますが、母が立派に見えて。

普通のことだけどねーと。風呂敷はこうやって使うのよ、と。

あっけらかんの母が、かっこよく見えたのは初めて。

母から学ぶ日常を、遅すぎたかもと少々焦りもしています。

 

家業の紙についても、日常から、まだまだ教わることがありそうです。

呉服町名店街逸品カタログ。

今年もプレゼントの応募のご参加、ありがとうございました。

| masutake | ますたけの事 | 13:05 | comments(0)
自転車置場

自転車でご来店の時には。

 

ますたけの店の前は直接道路ですので

店舗敷地内、入口前のこの場所に置いて頂いてます。

両端に、二つの入口がありますので真中に置いて頂ければ

安心して、ゆっくりと店内をご覧頂けます。

 

お車は、近隣のコインパーキングをご利用頂いてます。

専用の駐車場は、ございません。

 

| masutake | ますたけの事 | 17:16 | comments(0)
紙屋と雨

久しぶりに雨です。

じゅうぶん過ぎるほど、降り続いてます。

紙屋と雨。お客様は、来ず。

ずっとずっと、作り物をしていられました。

次から次へと上々の仕上がりは、雨のおかげです。

| masutake | ますたけの事 | 17:10 | comments(0)
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ