静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
アーケード撤去

静岡の木工や人形関連の地場産業の方々にも。

襖紙から多種の紙をお求め頂いていた。

昭和23年に、宮ヶ崎から呉服町に店を構えた増武商店。

活気のある時代は、平成の始め頃までだったような。

紙がこんなふうになるとは〜と。

紙の扱う種類が多すぎたと、母が笑う。

 

それでも、まだ!その関係の方がご来店下さる。

不思議です。

 

 

呉服町、表通りの 

旧商店街のままだったアーケードが早朝から解体工事。

桃山レストランの看板。

もう、20年も前に駐車場に変わっている。

今日も。

あっという間に、景色が変わっていく。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:32 | comments(0)
都わすれ

庭に咲くと届けてくれる、都忘れの花。

今年も。

花が咲くと、私を思い出してくれるそうで。

都という名を親がつけてくれたおかげですよ。

花言葉は、別れ。

今日の気分に、ぴったりでした。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:36 | comments(0)
さようなら!

今日は、お別れのご報告。

突然で、悲しい気持ちにもなりました。

 

姫路市から静岡へ越されて4年過ぎて。

今月末に、姫路に戻ることになったそう。

 

だから、紙を沢山買っていかないと!と。

見繕いでよければ送りますよ!と。

教室がご縁、紙が大好きになったと。

取りあえずは、さようなら!と握手です。

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:22 | comments(0)
懐かしい感じ

5月連休中の和紙のこと。

本日は、とてもお久しぶりの方。

机に向かうと、懐かしい感じ。

初めましてから、十年以上。

ほんとうに、ほんとうの紙繋がりに思う。

 

ヘラは、ちゃんとご持参。

私の好きな柄があった!と。それは、自分の柄ですよ。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:27 | comments(0)
体験の和紙のこと

ふだんどおりの、5月1日のはずが。

ちょっと試しに募集した、和紙体験に続々と参加希望の方が。

まさか、参加の方がいるとは!

 

男の子も来てくれました。

楽しいと、帰りには紙を柄を選んでお求め。

早く!やりたい!と、お帰りです。

雨も降ってきましたが、多くの方がご来店。

紙を楽しむこと、ますたけから発信していきますよ。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:45 | comments(0)
らしくない物

魔が差したとしか、言いようがない。

心にもない物を、仕入れて店に並べることもある。

 

そうすると、

直ぐに、お客さまに指摘されてしまうこの頃。

どうしたの!?

らしくない物を置いて、と。

あーあ。と、自分を責める。

昨晩の和紙の教室でも、そんな感じで。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:41 | comments(0)
松竹梅の金封

親から子への、結婚のお祝い。

松竹梅の型染和紙を選ばれました。

 

大きな金額を入れるそうで、その場でお作りしました。

水引きの代わりに、赤の和紙の帯を締めます。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:49 | comments(0)
おばあちゃんの柄

 

おばあちゃんの葬儀が無事に済みました、と報告のご来店。

その笑顔に、ほっとしました。

 

そして、和紙使いを見せて頂き、感動。

教室通い続けているの、伊達じゃないね、って。

この柄は、きっと

おばあちゃんの柄になるねーって。

 

ますたけの大好きな型染め、紅型です。

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:48 | comments(0)
お茶缶貼り

呉服町通りから、横に続くますたけまでの道。

補修工事が終わりました。

そして、駐車場のリニューアルオープンと重なりました。

 

本日の教室のご予約は、何するのかなー?と。

そしたら、新茶の季節。

お茶缶貼りの、復習したいと!お茶缶を持ってご来店。

私にとっても、復習。貼り方が、進化していることに気づく。

簡単に、ちょちょっと貼れるねーと。楽しい。

 

緑茶は、静岡の深むし茶が一番美味しい私。

珈琲も紅茶ものまない分、譲れません。

こっくりとしたお茶と陽だまりの猫に、

癒されてます。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:44 | comments(0)
ノートのカバー

たまたま偶然に参加された、ますたけの教室。

しかも、たった一回だけの「ノートのカバー」。

これひと筋で、5年以上も楽しみ役立たせている方。

お知り合いの、いろんな方に頼まれるようになって、と。

これだけで極められたから、ますたけの紙しか使わない、と。

言ってくださる。

本日も、楽しそうに柄選び。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:49 | comments(0)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ