静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
皮と和紙

本日も、一閑張り用の紙をお求め下さるお客様。

 

みなさん、お似合いのカゴをお持ちになっていて。

それらを眺めさせて頂くことも楽しみですが。

今日、驚いたのは。

なにやら、オーストリッチみたいなカゴ?と、伺ったら。

オーストリッチです!って、正解でした。

和紙と皮がバランスよく縦縞に。

発想の豊かさや、実行力。勉強になります。

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:12 | comments(0)
和紙の猫じゃらし

作っているものは、ススキではないですよ。

猫のおもちゃです。

 

猫は、紙が大好きです。

新聞紙を広げただけで、無邪気に遊びますから。

その感触や音や動きがたまらなく好きなんです。

 

今日は猫のいるうちにお伺いするので そのお土産作り。

ハタキを作る感じですが、細かい部分は丁寧に。

猫に危険がないように安全第一。そして耐久性・

 

完成。棒を激しく振れば猫が大喜びしてくれるはず!

和紙の猫じゃらし。

 

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:32 | comments(0)
折紙のうさぎ

米寿を迎える母は、デイサービスに通うのだがその話がいつも面白い。

月に一回の折紙を折る日は、特に。

作ることは大嫌いな母ですが、紙屋の娘に生まれた母。

紙関係は、折紙も含め目は厳しいんです。

自分の折ったうさぎが全く気に入らない様子。

そして、私に注文。

明日、デイに持っていくから作って!と。

 

立体で飾ると、邪魔になる時もあるそうで、

無理やり平面に。画鋲で壁に留めてもらうそうです。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:36 | comments(0)
一閑張りのお悩み

次々とご来店は、一閑張りのお客様方。みなさん、悩みが多い様子です。

紙のご購入以外にも、いろんなアドヴァイスを求められます。

内容によっては、時に非常に困ったり 言葉に詰まることもありますが。

なるべくは、どんなこともわかり易くはっきりとお答えしたい。

紙の販売時には、紙の特徴と作業時のコツをお伝えする。

一閑張りの駆け込み寺のような存在になれたら嬉しい限りです。

切り絵、ちぎり絵、おりがみも、そんなことでますたけにご来店下さい。

種類豊富ではありませんが。ますたけの紙を使ってください!と。

 

 

 

ようやく解決!されたとのご報告。

10cm四方の連鶴。紅白の紙で美しく折りたいと悩んでられた。

それがますたけの紙で解決されたそうで、ほんとうにとても美しい。

悩んでいた時の作品と解決した作品。

この見栄えの違いは、紙の違いだけ。

よかったです。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:03 | comments(0)
壁用の紅型の帯

腰の曲がったご老人がご来店、おじいさん。

一人暮らしの玄関の壁の汚れ予防に紙の帯を鋲で留めたいそうで。

一枚だとペラペラで手を突いたときに破れそうだし見た目も悪いと。

裏打ちして見栄えのよい帯を作ってくれないかと、言われた。

 

玄関の壁は必ず手を突く場所。それが繰り返され壁は汚れる。

そうなる前に、対処したいと。借りているから汚したくないと。

だれもが通る道。老いるということをお聞きしながら、

なんと!ナイスなアイディアだろうと感心していた。

 

白い縁は鋲を止める部分。

おじいさんの手を受け止める紅型の帯の出来上がり。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:10 | comments(0)
大掃除

夏季休暇前に行うことは、やはり大掃除です。

商いは、掃除に始まり掃除に終わるとは、修行中の教え。

なかなかと、体力を使います。

 

15日(木)まで、お休みさせて頂きます。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:17 | comments(0)
店先の緑

涼しげ。

ふと触りたくなって、びっくり!って。

久しぶりに、店先に緑のもの。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:31 | comments(0)
暑い!

空気が重く感じます。

ご来店下さる方は、「暑い!」と、お顔も赤いです。

店内も冷房つけてますが、この入口の戸は、

重くて滑るのでこのくらいは開けっ放し。

気になさらないで下さいね、手を挟まないように。

この暑さにご来店下さる方は、目的あってのお客さま。

ありがとうございます。

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:18 | comments(0)
早急に必要

悠長に、店の紙類を使う気にはなれないですね。

売る方も、そんな気分ですから。

ご来店下さる方々は、早急に紙の必要な方ですよ。

ご希望の紙が在庫にあるように、一生懸命になってます。

 

ひたすらの土砂の片付けは、人の労働力。

道具は、スコップ一本。

そんな様子をテレビから見ていると、重苦しい。

この時代でも、一般人も老若男女が必死の労働。

それが、どんなことなのか当事者でなければわからないのだと。

店でも、そんな話し。また雨が降るから余計に。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:15 | comments(0)
窓を拭く

店の窓を拭く。

けっこうな大きさで、いつも覚悟して行う。

窓拭きに、洗剤は不要。乾いたタオルでひたすら磨く。

ということも、苦労の末にわかったことでした。

 

こんには!って、週末のお客さまがご来店くださった。

いろいろのお話を伺いながら。

いつものおばあちゃま。友禅和紙を15cmに裁断させて頂く。

次々と選ばれるから、今日はこのくらいにしたらと言ったら。

このお店は、面白いね。

もう止めたら、と、いつも言うね〜と、笑顔を下さった。

何度も来てほしいからですよ。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:25 | comments(0)
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ