静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
箱が主役

5cm四方ほどの小箱なれど、ますたけの大切な商品。

この箱には、金平糖や和三盆は入っていませんよ。

箱が主役。そして何かを入れて使って頂きます。

 

続々と、本型染和紙の小箱が店に並びます。

ここまでの小箱は、おそらくはどこにも無いはずですよ。

それほどの思いを込めて、製作しているんです。

 

10月・11月の営業日のご案内です。

変更もありますので、ご来店の際はご確認下さいませ。

 

ますたけ付設の服飾雑貨。

10月12日まで、池袋パルコに出店中です。

| masutake | 和紙商品(小物) | 13:20 | comments(0)
ますたけの香

ますたけの香です。

まずは!

日頃お使いのお財布に入れてみてくださいが、ますたけ流。

 

香りはとても難しいものです。

匂いになるか臭いになるかは、お人の嗜好や感覚で変わります。

それでも、この香は、型染和紙に包まれてこその香りは紙好み。

お財布の中の古いお札にも、喜ぶかなーと。

 

どこのなんていうお香を使ってるの?

との質問には困っていますが。

| masutake | 和紙商品(小物) | 15:04 | comments(0)
ふた部分

日常で使う封筒類や金封類のほとんどは、後ろで封を閉じます。

いわゆる、ふた部分を折る仕様になっています。

 

こちらは、本来裏方のふた部分を主役にした封筒です。

名刺サイズ・お札三つ折り、お札二つ折りにも使えます。

ふた部分は厚さがあるので丈夫、ちょっとした入れ物感覚です。

 

 

23日(土)〜25日(月)

月末の三連休は、定休日となります。

| masutake | 和紙商品(小物) | 16:22 | comments(0)
友禅小箱

 

5cm四方の定番の小箱。

今回、初めての友禅和紙です。

柄は二種類。

 

ますたけの小箱は、他店のそれらとは違ってます。

バックの中でも、気軽に使って頂きたい。

私には必須の物なので、そう願って販売しています。

| masutake | 和紙商品(小物) | 14:08 | comments(0)
紙の小箱

この紙の小箱も大好きな商品で、自分のためにが始まりでした。

5cm四方の手の平サイズがバックの中でとても重宝。

これは自分用。常備薬入れとして長く愛用しています。

オリジナルの富士山の型染も人気です。

箱のフタは緩くなく固くなく。

自然の動作では開かないように調整の仕上げ。

フタの下の僅かな隙間に指をかけてあけます。

バックの中でゴロゴロする動きの使用を考えて、神経を使った部分。

そして、型染和紙の可愛らしさも実用で楽しんで頂いて。

もちろん、ご自宅で使っても、飾っても!

 

 

9月中頃には、友禅和紙の小箱を販売の予定です。

型染和紙の小箱の追加も準備中です。

 

 

 

| masutake | 和紙商品(小物) | 13:39 | comments(0)
和紙の朱肉

ますたけの和紙小物の多くは、独自に考え販売してきました。

作り手もますたけです。

 

自分自身が使いたい!からが紙の物づくりの始まり。

あれもこれもと、いろいろ作ってきました。

 

そんな中、特に好きな物は朱肉。

十数年の間に、それは沢山を張り込んできたものです。

閉店後に作業を始め、気がつけば夜が明けていたこともしばしばでした。

その総数を認識すると、ふらりとしてきます。

若かったなーと、自分を振り返ります。

| masutake | 和紙商品(小物) | 16:47 | comments(0)
葉書を添える

初秋の葉書が揃いました。

ですが。

PCや携帯電話で連絡が密に取れる時代です。

あえて、葉書を出す機会は減りました。

また、それ以外にも。

字を書くことが面倒だったり、字がきれいでないから〜

とのお声も伺います。

そこで、季節の葉書の使い方のご案内。

簡単!贈り物に添えるだけ。

さり気なく、内側にしのばせるのも良いですが。

 

大胆さも粋なはからいとなり、

文字も不要の心づかいを感じて頂けるのでは、と思っています。

 

| masutake | 和紙商品(小物) | 16:18 | comments(0)
秋の葉書

秋の葉書です。

 

紙風船の葉書も入荷しています。

 

 

夏休み明け、久しぶりに今日から店の教室。

ゆったりと、のんぶりと紙を楽しむ努力です。

| masutake | 和紙商品(小物) | 13:01 | comments(0)
ご祝儀袋

折りを終え、形になりました。

ここから、水引をかけ熨斗をつけます。

染や刷り柄をそのまま使います。

ますたけのご祝儀袋も、

気がつけば定番の商品となっていました。

| masutake | 和紙商品(小物) | 16:51 | comments(0)
金銀砂子

金銀砂子紙。

色の民芸紙に金銀砂子がふられています。

きれいな色は、

需要が減ってきても揃えておきたくなるものです。

 

赤と白、ご注文を受けました。

お祝用の折紙を折られるそうです。

 

| masutake | 和紙商品(小物) | 15:00 | comments(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

このページの先頭へ