静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
折紙の連獅子

 

折紙の連獅子の袴に選びました。

上半身の赤・白の紙は、染和紙の金銀砂子を使っています。

 

今回は、理由あって小さめの連獅子。

| masutake | おりがみ | 16:30 | comments(0)
折紙の準備

 

折紙を折るための 紙の準備。

折らなくても美しいですよ。

 

私の折る折紙は、簡単な作品を選ぶ。

紙の柄の良さが 損なわれれないように。

他にも、自分だけの決め事がいっぱいは、譲れない事。

折紙にも、けっこうありますよ。

 

店の休みの日は、集中作業です。

 

 

| masutake | おりがみ | 20:15 | comments(0)
ちょうちょちょうちょ

ちょうちょ、ちょうちょ。

3cm四方の紙で折ってます。

かわいく、かわいく、仕上がっていきます。

 

 

義務感がちょっとでもあると、良いものができません。

たとえ仕事でも、作らなきゃ!では、

全く嫌なものしか出来ません。

| masutake | おりがみ | 14:32 | comments(0)
折紙の連獅子

店の折紙の教室で、

連獅子ならばお任せ下さい!って感じで、

きれいに仕上がるコツをお伝えしています。

 

立体も、平面も。

素晴らしい、作品です。

| masutake | おりがみ | 16:37 | comments(0)
折紙のちょうちょ

4月の教室の予約に、ご来店下さった。

前回に折った、クマちゃん。

やはり!

クマちゃんが止まらなくなったそうですよ。

箱!いっぱいのクマちゃん。

カサカサと良い音がします。

 

 

夢中にさせてくれる折紙。

大好きな折紙作品の一つ、ちょうちょ。(山口真・作)

久しぶりに、折ってみたり。

不思議と、この季節に折りたくなるようで。

教室の方々が、夢中になって下さるかどうか。

2013年のブログ、懐かしいですが。

紙づかい、色づかい。

全く!変わっていない自分に出合います。

 

折紙のちょうちょ


この季節になると作りたくなる、折紙のちょうちょ。
折り込みが少なく、可愛い形が折る紙を引き立てます。
このちょうちょを小さく折って、舞妓さんのかんざしを作ったこともありました。
  
この可愛らしさを、さりげなく人に伝えるために。
両面テープや紐をつけたちょうちょを、やはりビンに入れています。

 

 

 

わーい!なんだか、とても嬉しい。

突然の雨があがり、店内に日差しに感動。

 

 

 

 

| masutake | おりがみ | 14:54 | comments(0)
折紙のこいのぼり

数年前に販売した折紙のこいのぼり。

お客さまに、いくつかたのまれました。

久しぶりにこいのぼり作り。

まずは、鯉を折る。

柄は迷いません、今年はこの型染和紙。

シンプルな折りの伝承の鯉だから、

多色の染色が楽しめて。

鯉が止まりません!

 

23日から25日まで月末の連休です。

 

 

折紙のこいのぼり

 

 

| masutake | おりがみ | 11:19 | comments(0)
森の熊さん

土曜日。開店を待って、ご来店のお客さま。

ますたけの手漉和紙で襖を張った方。

ちょっとした、アクセントが欲しいと、型染紙を選ばれる。

じっくりと、楽しそう。

 

 

 

  

昨日の教室。

始まる前に、見せていただいた!

森の熊さん。

お正月に折ったそう!

昨年お伝えした、

フランスの折紙作家Viviane Berty さんの作品、熊ちゃん。

小さくて、小さくて。そして、とても愛くるしい。

おりがみの木と、伝承の箱が、全部小さいけれど!

すっきりと、みごとに一緒になっている。

私の生徒さんって、

みなさん。凄いんですよ!と、自慢したくなる。

 

バレンタイン用に、箱の中にチョコレートが入るそうですよ。

これから、この中に似合うチョコレート探しですね。

 

| masutake | おりがみ | 11:51 | comments(0)
紙を生かすおりがみ

12月の土曜日だからでしょうか。

いろんな方のご来店に驚いたり。

様々な人との紙のつながりを、改めて感じる。

 

 

今日は、思わずカメラ!お手持ちの紙の物が可愛い!

どちらかといえば、おりがみは 好まれない傾向だった方。

逆に、そんな方が折ると、紙を主役にして頂ける。

紙を生かしてくれる、おりがみになる。と思う。

そんなおりがみが好きなので。

 

 

| masutake | おりがみ | 21:25 | comments(0)
おりがみはトーヨーさん

普通のおりがみは、

(株)トーヨーさんのおりがみを購入しています。

色、質感が好きです。

60色、220枚入りのおりがみ。

少なくなってくると、こんな感じで。あーあ。

毎度、オレンジ色系ばかりがきれいに残る。

完全にその色だけになると、もう使わない。

試し折りに使えば!って、先日も言われたけれど、

試し折りこそ、好きな色で折りたいんですよ。

| masutake | おりがみ | 12:38 | comments(0)
折紙のマナー

教室のご希望は、いのししの折紙。(山口真・作)

真っ白で折り、飾りたいということで。

薄めの白い和紙で早速、折りました。

想像より、良い感じになったようです。

 

 

熊ちゃんのぬいぐるみ。

フランスの折紙作家Viviane Berty さんの作品。

愛くるしい熊ちゃんです。

 

折紙の作品には、それぞれに創作者、作家がいて

著作権があります。

折紙教室を開催する場合には、本の著者や作家の氏名を

伝えることはマナーとして、楽しみたいです。

折紙の本、コピーは厳禁ですよ。

 

 

| masutake | おりがみ | 01:58 | comments(0)
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ