静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
兜を折るため

おりがみ。

兜を折るための紙のお求めの頃です。

裏が金、表が赤や色の紙はありませんか?と、ご来店。

ますたけは、その紙類や折紙は販売していません。

金の和紙、柄の紙。二枚合わせて折ってみてください、と。

重厚な趣のある兜が折りあがりますから、と。

風船折りの基本形まで別に折り、それをストンと重ねれば

どこも糊止めは不要で仕上がります。

 

| masutake | おりがみ | 16:43 | comments(0)
おりがみ 連獅子

店の教室で、折紙をご希望されない方も。

連獅子は、ちょっと作ってみたいと思われるようで。

 

そんな時は、袴の柄をお好みで選んで頂いて。

そして、15cm四方に切っていただいて。

あとは、折紙も、いつもの手際で作ります。

こんなに、簡単なの!と、驚かれていた。
二度目には、10cm四方で可愛い連獅子。

 

| masutake | おりがみ | 14:45 | comments(0)
折紙の小人さん

 

全部が好きな柄でしたら、

ゴチャゴチャにはならない気がしてます。

使い残ったわずかを、張りつめて。

昔々に張った箱と、昨日張った箱。

 

 

贈り物用に張りました。

メッセージは、折紙の小人さん託します。

| masutake | おりがみ | 14:02 | comments(0)
おりがみのサンタクロース

おりがみのサンタクロース。

可愛い!って、人気者です。

 

クリスマスに間に合わない!っていうことはありません。

わずかな時間で、いっぱいできますから。

急いでサンタクロースを用意されたい方は、

ますたけに、どうぞご来店下さい!

 

 

| masutake | おりがみ | 16:37 | comments(0)
折紙の本

サンタクロースを折りました。

ほんとうに、簡単。

簡単すぎますが、とても好きな作品です。

 

  

西東社の新刊書のタイトルは、「3〜5才のおりがみ」。

紙屋としては、簡単な作品にこそ紙の存在を引き立たせたい。

子供用の折紙の本に、魅力を感じます。

 

そして。

この書籍の装丁、製本方法には驚きました。

綴葉装(てつようそう)という製本方法で、幾折もの束を重ね

それぞれを糸でかがっていくのです、

見た目から、列帖装(れつじょうそう)とも、いいます。

どのページを開いても、きっちりと開きます。

多くの折紙の書籍が販売されていますが、

私には、この糸かがりの製本のそれは初めてでした。

おそらく丈夫です。そして見やすいです。

子供のために至れり尽くせりの新刊本です。

 

| masutake | おりがみ | 14:24 | comments(0)
連獅子を折る

連獅子を折る。

折紙の教室や同好会でよく折られているようです。

その紙を探しにご来店のお客様方は、先生の見本の紙と同じものと。

 

見本と同じ柄・紙って、見つかりにくいですよ。

それよりも、好きな柄で折ってみたら、と。

大袈裟に言えば、柄は何でもよいでしょう。

折紙なんですから、好みで楽しく紙を使えばと、思うのです。

折紙の連獅子は、

背筋がピンと、後姿も美しいです。

 

 

 

| masutake | おりがみ | 11:11 | comments(0)
リース

リース。

輪にしない方がよい時もある。

あの方には、この方が似合うと思ったり。

 

| masutake | おりがみ | 17:39 | comments(0)
さらに折紙

さらに、折紙!

午後の教室のご予約の蕗沢さんもめずらしく折紙でしたから。

数年前にご案内したクリスマスを、今年も作る準備。

  

そして!

クリスマスリース用の花の準備もされて。

ここからが、ますたけの力を発揮。

どうやって天然のツルにつけるのが美しいか。

 

手芸材料は使いたくない。

グルーガンは使いたくない。

いろんなことが、ますたけと共通ですのでイザ!進め。

アレンジもシンプルをおすすめして。完成が楽しみです。

 

88歳になられても、以前と全く変わらずの作業の理由は。

好きだから、器用だからでは、ないんですよ。

 

今日は、折紙の日でした。明日はどんな紙の日になるのかな。

 

 

| masutake | おりがみ | 17:22 | comments(0)
折紙の日

犬。戌。折紙。

「くびふりワンワン」が決まって自己満足したけれど〜

ちょっと不安。

そんな思いの時にご来店下さった方が、

たまたま折紙がご趣味の方ということがわかって、見ていただら。

 

すごーい、可愛い!と、言ってくださって。

その方は、徳島からご縁が合ってのご来店でした。

ますたけの紙も気に入って下さって、私の不安も解消されて。

不思議な折紙の日となりました。

このマガジンの記事で、徳島からますたけを知って下さったようで。

驚いちゃいました!

 

| masutake | おりがみ | 13:41 | comments(0)
干支の折り紙

干支の折り紙。去年の酉は人気でした。

今年は、どうするのかなー?と、いう空気が伝わります。

ますたけの折り紙は、紙そのままが引き立つような作品を選びます。

ただ、簡単ならば良いというわけではないですし。

犬の折紙の種類はそれは沢山ありますが、どうしようかな、と。

そしたら、昨晩、「くびふりワンワン」を思い出し、決めました。

決まれば、すぐに役者は勢ぞろい。

それぞれに、背中に千代紙をのせれば終わり。

クリスマスにも可愛い表情を出してくれそう。

 

首がゆらゆらと動く「くびふりワンワン」

懐かしの名作です。(山口真・作)

| masutake | おりがみ | 11:17 | comments(0)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ