静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
教室

本日の教室のご予約は、男性。長く通われてます。

ですから、非常に悩みます。

職人気質の物づくり、完成度も高い方で。

もうお伝えすることがない!と、その時間まで悩んでます。

取りあえずは、大きな手で折紙を折って頂きました。

こんなことするの?と言いながら、お孫さんが喜びますから。

そして、流れで箱物づくりになりました。

本日も大収穫!と言われた終了時間、ようやくホッとします。

 

次回のご予約は、課題を作ってお願いしますね、と。

| masutake | 教室 | 16:00 | comments(0)
柿渋で描く

自然塗料の柿渋。

塗り方で雰囲気は変わります。

 

塗料ですから、

土台にしみ込ませすぎないように塗ることが基本と考えます。

重ね塗りは、乾いてから。

色が強くなりすぎなように、酸化によって自然に濃く変化していきます。

 

今日は、柿渋を絵の具のように使っていただきました。

筆で絵を描くように、大胆な線をひきました。

柿渋本来のいい色と、自然の刷毛の動き。

塗れてない部分、一度と二度塗りの重ねの色合いの偶然が

涼やかにきまりました。

 

 

たいへん、ヒヨドリの雛が店の二階の窓の柵にいて。

ピーピーと泣き叫んでいて。

野鳥ですから触らずに見守りますが、心配でしょうがない。

親鳥の遠くから見守る姿にも、感動しすぎてしまい。

こんな車だらけの街中で巣立ちをむかえるなんて、過酷です。

スイスイット、無事に空を飛んでくれ!と願います。

| masutake | 教室 | 16:10 | comments(0)
和紙のカゴ

午後には、とてつもない暑さになりました。

 

その猛暑の中のご来店は教室の方。

幾つめの和紙のカゴになるでしょうか。

今回も、本張りと切り絵の準備ができたそうで見せて下さいました。

次回の教室で仕上げをすることにしました。

ちょっと、冒険しながらやってみようと。

 

丁寧に張られたカゴ。。切り絵も愛嬌たっぷりで。

今年、米寿になられるなんて、信じられない仕事ぶり。

体力もかなり使います、集中力も必要です。

日常での紙使い、慣れたものです!

| masutake | 教室 | 15:54 | comments(0)
どしゃ降り

久しぶりの雨は、どしゃ降りになりました。

ほんとうに、凄い雨。

ご予約の教室も、無理だろうと思い込んでいましたが。

 

雨の音の中、こんにちは〜って。

驚きました。タオルで体を拭きながら。

思わず、来たの!?って、言ってしまうほど。

雨が降り続く中、楽しい教室の時間が訪れました。

雨の日の箱張りはとてもいい感じ。

いつもできない、話しも聞きながら、言いながら。

| masutake | 教室 | 16:09 | comments(0)
豆本から

豆本作りを知れば、

そこから、いろんな活用方法がわいてきますね。

 

記念切手も、飾りながら使えるように。

ちょっと、差し上げたくもなってきますし、

いただいた方も、にこっと、喜んでくれそうです。

 

簡単そうながら、ひと手間もふた手間もかけてます。

その手間は、見えないように、わからないように。

簡単そうに見える仕上がりです。

| masutake | 教室 | 11:13 | comments(0)
店内の教室

店内の教室。

一回だけのご参加でも良いのです。

一回だけで、紙を知ります。そして、仕上がります。

教室を数回経験されると、長ーくやっている方たちは、何を作っているのかなと、

気にされる方もいらっしゃいます。

難しい、複雑なことをしているんだろうなーと。

教室の表には、いっぱいの欄がありますし。

ますたけの教室は、

長い年数ご参加下さるほどに、基本に戻ります。

そして、その基本を自分流に楽しみます。

 

いづれにしても、一対一。

お顔をみて、会話からの今日の教室の紙のこと。

紙の基本が、最高の紙のふだん使いの教室です。

 

| masutake | 教室 | 14:27 | comments(0)
一閑張り

本日は、久しぶりに一閑張りのご予約でした。

経験者で仲良しのお二人は、初めてのますたけの教室。

お好きなカゴに下張りをしてきて下さいとお願いしておきました。

 

それぞれに違う形、私にも初挑戦の形もありましたが、

いつものように、紙の性質に合わせて張り込むだけです。

 

本張りに手漉和紙を張れば、そのままで良くなると、皆さんおっしゃる。

今回は、強度をつけるためにも柄で縁取りして頂きました。

おそろいの柄で、

ゴミ箱とマガジンラックの完成です。

| masutake | 教室 | 12:59 | comments(0)
可愛くて

本日のご予約は、一年ぶりの方の教室。

教室って、楽しい!と、私が心から思わされたりしました。

お相手の笑顔が、可愛くて。

 

家には、庭、土がありません。

それでも、コンクリートの隙間からいろんな草花が自然に根付き。

ここには、ヒメツルソバ。

金平糖のように愛らしいピンクの花を咲かせていて。

道端でよく見かける花は、みな可愛くてたくましい。

凄いなーと、単純に尊敬しています。

 

草花と呼ばれるか、雑草となるのか。

花も表裏の物だなーと。

| masutake | 教室 | 14:41 | comments(0)
いつものように

昨日の、ラストのカルチャーでの和紙の講座で。

もう一度、

私のお伝えしてきた紙のふだん使いの事をお話しました。

それは、私とかかわった方でないとわからないことなのですが。

 

ますたけ〜さりげなく〜ふだん使い

いつものように、静粛に終えましたが。

最後のご挨拶は苦手ですから、

いつものように、すっと帰りました。

| masutake | 教室 | 10:17 | comments(0)
最後の教室

週末日曜日。

明日のカルチャー和紙の講座の準備をしながら。

明日が、朝日テレビカルチャー最後の教室。

和紙のふだん使い〜

そこを最後にもう一度お伝えしたい。

教室の流れを頭に描きます。

| masutake | 教室 | 11:57 | comments(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

このページの先頭へ