静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
両面テープさま

今日は、特別、ご遠方からのご予約。

なーぜ、わざわざますたけの教室に。

それは、店主が変わっているからですよ。

 

ボンドや両面テープまでも、大切なパートナーと言う。

知らない人が聞いていたら、変だと思うことばかり言いますよ。

気がつけば、本日は。流れから両面テープが主役となりました。

両面テープさまを、ますたけ流に理解して頂こうと。

熱心になっている自分に、ふと気がつきます。

| masutake | 教室 | 10:35 | comments(0)
サンタクロースで行事

午後の教室。

縮緬のサンタクロースのお人形は、お気に入りだそうです。

ですから、ずっと飾っているそうです。

  

日本の行事や四季を、紙の物でアクセント。

サンタクロースさんのための特製品。

 

明日は、節分。鬼の面をかぶります。

 

近頃、ふと訪れる海外の方々。

本日、教室中にご来店はカナダからだそうで。

東京から、新幹線で来たそうで。紙が和紙が好きだそうで。

わざわざ!静岡に!ますたけに!と、緊張がはしりますが。

ゆっくりとお買いもの。ますたけらしさが、伝わりますようにと。

 

駅への帰り道、タカラ堂さんに寄るそうで、道順の確認。

紙屋から宝石屋って、スゴイ。

 

| masutake | 教室 | 16:12 | comments(0)
お雛さま

昨晩の満月が嘘みたいに、小雨降る寒い日になりましたが。

2月になると、お雛さまを作りたくなる感じと。

 

店の教室でも、対の柄でお雛さまを折ってみました。

幼稚園向きの可愛らしいお雛さまは、初めてのご紹介です。

 

 

そして、お持ち下さって拝見したのは。

干支の紙を箱に貼って、中には半紙の袋に戌のおりがみ。

お菓子の個包装が入っているかのようで、ワクワクします。

犬好きのアメリカに住む娘さんに送られるそうです。

きっと、お雛さまも追加されるのでは。

 

オールマイティーな紙使いをされている様子には。

最高の紙の事、趣味に思わされます。

| masutake | 教室 | 17:13 | comments(0)
教室

昨日より、店の教室も始まりました。

 

本日も、何か、楽しかった!と、完成の後の笑顔にホッとします。

ますたけの紙の物。

完成までの作業のプロセスを大切にしています。

はがきサイズのからくり暦は、来年の暦。

よしよし!と。

きれいに仕上げるコツをつかまれたようで、沢山作られそうですよ。

 

 

| masutake | 教室 | 16:32 | comments(0)
教室のカード

ますたけ教室にご参加の方にお渡しする覚書のカード。

一枚に、24回の教室の行がありますが、埋める必要はありません。

作るものの見本の無い、紙の教室です。

ほんとうに、変わった教室と思っています。

 

この、教室カード。

個々に何を行ってきたのか、私にとって貴重な資料です。

 

三枚のカードが埋まった方です。

どんな事を、そんなにやってきたの?と、見せて頂いて。

裏側には、教室の内容がぎっしりと書かれていて。

過去の自分に、出あえます。

 

| masutake | 教室 | 16:55 | comments(0)
和紙の物作り

今日の教室は。

 

折紙友の会にご参加の方でした。

ちょとしたきっかけで、ますたけの和紙の物作りをされてます。

今回は、失敗すると痛い目にあう大物。

紙と真剣に、紙の音を聞きながら。

 

 

こちらは、販売中。

もう、ひと包みの袋はご好評です。

特別な型染めも、楽しんで使ってください。

| masutake | 教室 | 17:07 | comments(0)
祝日の教室

祝日の教室は、いつもと違う感じがしました。

長いお付合いの方ですが、基本の袋作りをやっていなかったそうで。

まとめて型を用意して、手立ても一気に全て。

真剣ですよ。私も、ついつい熱が入ってしまいました。

違う!だめ!って。長い方ほど、厳しい自分がいるようです。

 

うさぎの友禅和紙。日常で着物を着てますよ。

近頃は、洋服を着ることに飽きてきて。

箪笥には、着物が眠ってます。

| masutake | 教室 | 15:22 | comments(0)
紙のあれこれ

  

教室での紙のあれこれ、懐かしく拝見しました。

ふつうに、日常で使われています。

これこそ、紙通と思わされました。

今日の教室は。

悩みながら、裁縫箱の針と糸を使ってみました。

紙のあれこれは。

可愛いね〜と、言いながら作れることが大切だと思います。

| masutake | 教室 | 16:54 | comments(0)
教室

本日の教室のご予約は、男性。長く通われてます。

ですから、非常に悩みます。

職人気質の物づくり、完成度も高い方で。

もうお伝えすることがない!と、その時間まで悩んでます。

取りあえずは、大きな手で折紙を折って頂きました。

こんなことするの?と言いながら、お孫さんが喜びますから。

そして、流れで箱物づくりになりました。

本日も大収穫!と言われた終了時間、ようやくホッとします。

 

次回のご予約は、課題を作ってお願いしますね、と。

| masutake | 教室 | 16:00 | comments(0)
柿渋で描く

自然塗料の柿渋。

塗り方で雰囲気は変わります。

 

塗料ですから、

土台にしみ込ませすぎないように塗ることが基本と考えます。

重ね塗りは、乾いてから。

色が強くなりすぎなように、酸化によって自然に濃く変化していきます。

 

今日は、柿渋を絵の具のように使っていただきました。

筆で絵を描くように、大胆な線をひきました。

柿渋本来のいい色と、自然の刷毛の動き。

塗れてない部分、一度と二度塗りの重ねの色合いの偶然が

涼やかにきまりました。

 

 

たいへん、ヒヨドリの雛が店の二階の窓の柵にいて。

ピーピーと泣き叫んでいて。

野鳥ですから触らずに見守りますが、心配でしょうがない。

親鳥の遠くから見守る姿にも、感動しすぎてしまい。

こんな車だらけの街中で巣立ちをむかえるなんて、過酷です。

スイスイット、無事に空を飛んでくれ!と願います。

| masutake | 教室 | 16:10 | comments(0)
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ