静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
5月には

五月には、こんな感じで

気軽に和紙のことを、お伝えします。

 

ますたけの和紙の事は、ますたけ そのもの。

嫌いな言葉は、手作り。

そのわけもお話ししながら、

ますたけらしさの手際をお伝えします。

 

| masutake | 教室 | 18:40 | comments(0)
春休み

春休み。

ますたけ和紙のフリー教室。

ご参加の方は、偶然に親子さん。

 

お母さんの、凄い!ステキ!が止まらない。

良かったです。

 

五月の連休にも、フリー教室予定しています。

| masutake | 教室 | 17:24 | comments(0)
貫禄の和紙

黒谷もみ紙11もんめ、ようやく入荷しました。

厚く堅く仕上げてもらっています。

その貫禄は、ますたけの和紙のなかで威風堂々。

それだけに扱いも手強いけれど、他にはない良いものになります。

昨晩の教室は、これを使って。

長く長く教室に通って下さっていて。

この紙を使いこなせなくては、ますたけの教室の名が廃るから!

どんどん、使ってくださいよ、との声に。

やる気満々のみなさんの手さばきは、良い音でした。

 

 

 

| masutake | 教室 | 09:45 | comments(0)
一閑張り

教室のご常連さん、

一度!一閑張りをやってみたいとのご予約でした。

 

カゴだけ用意していただいて。

初めての一閑張りの始まりですが、

いつもと同じ教室の要領ですよ、とお伝えして。

 

まずは、手漉和紙で当たり場所を全て補強。

次に、パルプ紙(桑ちり紙)で下張り。

 

シワはシワのいき場所へ。

紙を張る時は、触り過ぎない、見過ぎないでくださいよ。

と、紙を扱うはいつもと同じ。そして、下張り完了。

次回は、本張り。

もう一度。

今度は、手漉和紙で張りこみます。

 

| masutake | 教室 | 13:44 | comments(0)
ワークショップ

4月2日から、日替わりメニューで4日間。

お好きなものだけ、作ってみる!

ますたけ流、ワークショップで物作り。

楽しい、使える、さしあげたくなる。

そんな紙の物 作ってみませんか?

お気軽に お電話ください。

| masutake | 教室 | 20:38 | comments(0)
葉っぱ ゆらゆら

  

和紙の葉っぱ、ゆらゆら。

少々の香りも。

 

見れば、誰にだってできそうな、

究極の簡素な紙づかいも、ステキに見えてくると

シンプルって、言葉が返ってきます。

 

春のきざし、

余計に寒さがこたえるようです。

| masutake | 教室 | 16:13 | comments(0)
教室

都さんの和紙の教室。

本日は、めいっぱいですよ。

午前のご予約はこいのぼりを葉書仕立てにして。

午後のご予約は和紙の小物入れを作る予定。

そして、月に一度の夜の教室。本日は4名の予定。

 

教室終えた後、楽しかった!と、

言えてもらえるようにと、頑張るのです。

 

 

 

懐紙入れを作った後の、端切れの紙。

何気なく、こいのぼりを折ったら凄くいい!

偶然の出会い。

| masutake | 教室 | 13:28 | comments(0)
募金箱

何となくの午後の教室のご予約は、

お互いの性格も知り尽くした方。

 

私の、今日は何をやりたいの?の、質問の前に。

今日は、募金箱を考えて下さい!って、驚いた!

箱も何にも用意が無くて。その辺にあった商品の糊の箱。

こんな簡単な畳み箱しかないよ、と、作り出したら。

基礎工事だけで、一時間ほど集中作業。つ・か・れ・た!

土台がしっかり出来れば、

箱周りの飾りは家でゆっくりやるということで。

  

 

おそらくは、最初で最後の募金箱です。

小銭の音が響かずで、募金箱は紙もおすすめです。

 

| masutake | 教室 | 17:02 | comments(0)
マスク入れ

お会計の商品に、思わず うっとりの販売者。

なーんて、春らしい色合いでしょう。

葉書の若松は、店主の一番のお気に入り。

いろんなおめでとう!を、伝えられる。

一年中、販売したい、使って頂きたい。

 

昨晩は、夜の和紙教室。

前回、課題を出されていた。

師匠!マスク入れを考えてください。

その時は、マスクと和紙なんて、最悪の取り合せでしょ!と。

それでも、数日前にマスク入れが頭に下りてきて。

参加のみなさんが、驚きの感激。

秘密はちょっとした中身の工夫。

もったいなくて、なかなか教えられないですよ。

最悪と思ったマスク入れのご提案に、感謝の師匠でした。

 

| masutake | 教室 | 14:20 | comments(0)
紙の事

紙屋が紙の事をお伝えするということ。

とても悩みながらです。

 

完成した時。

売りたくなっちゃうほど!と。

思わず言われた時、ものすごくホッとします。

 

 

| masutake | 教室 | 16:05 | comments(0)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ