静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
柿渋を刷く

本日の教室ご予約は、一閑張り仕上げ。柿渋を刷く。

この刷くがポイント。

塗る感覚でなく刷く感覚で柿渋を使うと〜

柿渋そのもので、いろんな表現が出来ますよ。

基本は、薄塗りで艶を出す。

 

こんな感じで仕上げました。

そして、ノートのカバー。

ご用意のご自身の書を最後のアクセントに。

 

楽しい!とは、ご本人。

書道教室をされているそうで、今後に役立ちそうですよ。

| masutake | 教室 | 12:52 | comments(0)
午後の教室

午後の教室。

 

後期高齢者医療保険証を入れる袋のご希望。

いいですねー、そういうご希望!

台紙の厚さが需要ですね。

薄すぎても、厚過ぎても、ダメですから。

いい感じに仕上がりました。

次回はこんなことの復習をされたいと。

いろいろと、和紙のカゴから出てきます。

 

| masutake | 教室 | 15:57 | comments(0)
コースター

本日の教室。

コースター作って、最後にちょこっと折紙の花。

 

コースター作りをすると、改めて紙を知れます。

そして、のりの具合も。

仕上がれば、敷物としても飾りとしても、いろいろに。

| masutake | 教室 | 17:20 | comments(0)
初めての一閑張り

朝日テレビカルチャーからお付合いのある方。

今も、店の教室に来て下さっている。

本日も。今日は何をしましょうか?ってその場で伺う。

そしたら、一閑張りをやってません!私もカゴ作りたいです!と。

急ぎ、手持ちのカゴを用意して下張り。

そして、本張り。最後に化粧張りと、二時間。

柿渋などの塗装はしたくないということで、完成。大喜び。

初めてで、二時間できれいに張り終えるって、スゴイ。

長く、和紙教室やっていて無駄でなかった!かいがあったね!と。

そして、いい意味で、大雑把って大切と実感。

 

 

| masutake | 教室 | 16:34 | comments(0)
6月6日

朝、母が言った。

今日は、6月6日。

この日から、習い事はじめをするといいと聞いていたから。

あなたが三歳の6月6日になるのを待って、習い事させたの、と。

ふ〜ん、と 聞き流したけれど、ちょっと驚いて。

母の期待にそえる子には、育たなかったな、

でも、現実はそんなものでしょ、と思いながら。

出来る範囲で、母の世話をさせてもらう。

 

さーて、教室のご予約ですが雨の日。

雨、大丈夫ですか〜?って、電話したら。

雨くらいで、教室止めないでね!行くわよ!と。

6月6日の教室、どんなことをしようかな。

 

教室、終了。

いいものができた、とはご本人。

ほんとうに、良い仕立て。

ふんわりと紙そのものもいきています。

 

 

 

| masutake | 教室 | 09:38 | comments(0)
どうしよう!

両面テープを使った、お茶缶張り。

慣れて、きれいに張れるようになったそうで。

差し上げる方に合わせて、柄を選びに来てくださった。

お茶缶も、張れるようになってしまったの!

では、次回の教室は、どうしましょうか?と、笑う。

 

伺えば、13年経つそうで。毎月ますたけの教室に。

そんなに長い間、何をやってきたんでしょう。

なにもかも!ですよ。

89歳になられても、以前と変わらず奥ゆかしくてチャーミング。

来月の教室、どうしよう!と、言ってはいられない。

 

| masutake | 教室 | 15:28 | comments(0)
一閑張りの教室

昨日も、今日も、ついつい熱血の教室。

本日は、一閑張り。

昨日から、体力大丈夫かなと、少々不安に。

 

約束どおり、下張りを終えたカゴをご持参。

それを見てから、いろいろを決めて。後は一気に、作業。

補強張り。本張り。化粧張り。

世間話しなんか、していられない。終わればクタクタ。

それでも、私のコツが伝わったかどうか不安にもなる。

同好会ではない、教室ですから、不安は大切。

 

お似合いの、清楚なカゴに仕上がりました。

後は、柿渋の塗り方。次回、ご予約されました。

| masutake | 教室 | 14:41 | comments(0)
お茶缶を張る

教室のご予約、お茶缶を張りたいご希望。

缶と紙は、大変な間柄。

特殊な糊でなければ剥がれやすいので実用に向く茶缶にはならずで。

教室で行うには、両面テープしか方法が考えられず。

その方法も、簡単ではないので避けていましたが、本日 思い切って決行。

とても上手に張れました。市販のそれ以上の出来栄えと思います。

| masutake | 教室 | 16:19 | comments(0)
和紙のカゴ

あっという間に、閉店の時間になりました。

朝、お掃除したばかりだっのに。

商売は下手ですが、あわただしく時間が過ぎていきます。

 

午後の教室は、東京方面の方から。

年に一度、予約を入れてご来店です。

本日は、初めての一閑張りのカゴ。

初めての一個を、大切な方への贈り物にするとは。

私の和紙の教室の方らしい、

何気なく、プレッシャーをかけてきます。

  

上品な和紙のカゴがしあがりました。

| masutake | 教室 | 17:50 | comments(0)
折紙のこいのぼり

  

見たとおり、折り紙のこいのぼり。

教室でご案内。

さっそく作られたそうで見せてくださいました。

どこかで販売している物に見えますね。

これから、25個分作るそうですよ。

頂いた方は、喜ばれるでしょうね。

 

| masutake | 教室 | 15:06 | comments(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ