静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
手提げ袋

子供の頃の、上靴入れの形に見えます。

厚手の布の袋は、とても使い易いです。

手提げ袋。

この仕事は、布にはかないませんから。

 

近頃、毎日使っています。

販売中、お気軽にご覧ください。

| masutake | 関連商品 | 13:21 | comments(0)
今日も白シャツ

時々、言われます。いつも、白シャツですね、って。

 

今日も、いつもの白シャツ。

そして、販売の時計はアームバンドに欠かせません。

 

 

30代の頃から、一年のそのほとんどが綿の白シャツ。

同じメーカーの同じ型のものだけ。

不思議に、全く飽きなくて、体にしみついた感じで。

冠婚葬祭も。その時には、ストックの新品をおろします。

 

ますたけの商いも、ずっと商品変わらず。

同じです。

| masutake | ますたけの事 | 13:31 | comments(0)
木版手刷り

木版手刷り。

懐かしさ感じるデザインにも魅力を感じての販売です。

 

 

 

葉書、カード、そして一筆箋。

ますたけからのご紹介、販売です。

価格もお手ごろとなってます。

| masutake | 和紙商品(小物) | 11:38 | comments(0)
鹿の子と矢羽

京千代紙、鹿の子と矢羽が補充されました。

可愛い色です。

 

すっきりとした風情の季節の懐紙、一筆箋。

ますたけ好みは、価格の差ではありません。

 

日没前の散歩はだいたい静岡浅間神社。

昨日は、人気のなくなった砂利の上でカモが夕涼み。

しばらく一緒に夕涼み、邪魔にならないように。

| masutake | 和紙関連 | 10:47 | comments(0)
悩む贈り物

私自身が、

お人への贈り物選びに、とても苦しみ悩むようになって長いです。

ずっと以前は、

ハンカチ・タオルや雑貨類、きれいなお菓子など気楽に選んでましたが。

その気楽は、独りよがりだったのかもしれないと。

お人へ品物を差し上げること、ほんとうに難しいことになってきました。

 

今日は、店の中から贈り物を用意しました。

大袈裟にならないように、負担にならないように、無駄でないように。

折紙をされる方には、千代紙を。
もう一人の方には、私を伝えながらふだん使いの紙の物。

 

お中元お歳暮の品も、もういらないという時代になってきて。

その断り方まで、悩む時代になって。

私の生きてきた半世紀の、生活様式の変化は強烈です。

 

こちらは、ウーモの当選者様への贈り物です。

| masutake | ますたけの事 | 13:02 | comments(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ