静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
襖紙の柄

昔、むかーしの襖紙の柄。

 

紙屑になる瞬間に、その鶴に胸を打たれた感じ。

可愛くもあり、とにかく色使いが美しい。

このまま、貼り絵にしてみたい。

 

 

ちょこっとのお客さまとの会話から。

いろいろ超えてきてることを知ることもある。

苦労や心配を超えるほど、人は優しくなるらしい。

私なんか、まだまだと、実感する。

優しいって、難しいことですから。

 

| masutake | ふすま・障子紙 | 13:23 | comments(0)
素適なお店

雨の中、初ご来店の方は、何かで調べて来られる。

スマートフォンで、この辺の雑貨の店を調べていたら、

紙屋さんが紹介されて驚いて、寄ったという方も。

ステキ!素適!と、笑顔で紙を選ばれる。

こんな素適な紙のお店、静岡で知らない人の方が多い!と。

言ってくださる。

 

はい!表通りでないですし。

宣伝も苦手ですから。

どうぞ、お気軽にご来店下さい。

 

今日の教室は。

教室の最高齢の蕗澤さん。

まったりと、二人で作り物しました。

いい物、仕上がりました。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:15 | comments(0)
白地

白地、三柄。

自慢の柄です。

こちらも、各色入荷しています。

| masutake | 和紙関連 | 11:02 | comments(0)
特別な型染和紙

特別な、型染和紙が入荷しています。

  

居合わせた方が、キレイ!キレイ!と。

お待ちい頂いていた方には、どの色にしようかと。

悩ませています。

ゴミ箱も、ご注文を承り、

久しぶりの登場です。

 

 

土に置いただけのギンパイ草。

次々と、花を咲かせてくれてます。

| masutake | 和紙関連 | 10:33 | comments(0)
教室

6月は、

なぜか、びっしりと店の教室のご予約が入ってます。

気合いを入れて!行います。

 

しかしながら

午前中の和紙の物。午後には一閑張り。

終える前に、大切な気合いが抜けるのを感じます。

年齢のせいにしては、ダメですね。

| masutake | 教室 | 16:26 | comments(0)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ