静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
日常から

暖かくなってきて、日差しも気になりだしたのか。

今日から杖代わりに日傘を使うね、と店に母。

手提袋も涼しげに。

首に巻かれたスカーフは正方形。

咄嗟のときには、風呂敷の代わりにも使われます。

身の周りは、季節と年齢を考えて自分流の母。

まだ寒い頃、母の病院に付き添って驚いたことは見習おうと。

待合室に入ると、上着、マフラーを外し手早く丸めて椅子に座り

使い慣れた風呂敷を出して、ささっと全ての持ち物を小さく包み込んで膝の上。

その動作中、風呂敷は雑音を出しませんので全く気にならずで。

周りからは、ガサガサ、シャリシャリといろんな音が聞こえますが。

 

私も、混雑した病院に時々いきますが、母が立派に見えて。

普通のことだけどねーと。風呂敷はこうやって使うのよ、と。

あっけらかんの母が、かっこよく見えたのは初めて。

母から学ぶ日常を、遅すぎたかもと少々焦りもしています。

 

家業の紙についても、日常から、まだまだ教わることがありそうです。

呉服町名店街逸品カタログ。

今年もプレゼントの応募のご参加、ありがとうございました。

| masutake | ますたけの事 | 13:05 | comments(0)
お元気かな

お元気かな、と。

当時、既にご高齢だったお客さま方を思い出すことがあります。

数年もお顔が見えないと、お元気かな、と。

そして、そんな風に思っていたお客さまが突然とご来店下さると

それはもう!驚いて。

お元気でしたか。と、声にします。

体調が悪くなったこと、今日は思い切って病院帰りに寄ってくれたこと。

ゆっくりゆっくり話されます。

手元の紙が、とうとう無くなったそうで。

 

私も、ずいぶんと長く紙屋を商い続けてるなーと実感します。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:05 | comments(0)
自転車置場

自転車でご来店の時には。

 

ますたけの店の前は直接道路ですので

店舗敷地内、入口前のこの場所に置いて頂いてます。

両端に、二つの入口がありますので真中に置いて頂ければ

安心して、ゆっくりと店内をご覧頂けます。

 

お車は、近隣のコインパーキングをご利用頂いてます。

専用の駐車場は、ございません。

 

| masutake | ますたけの事 | 17:16 | comments(0)
可愛くて

本日のご予約は、一年ぶりの方の教室。

教室って、楽しい!と、私が心から思わされたりしました。

お相手の笑顔が、可愛くて。

 

家には、庭、土がありません。

それでも、コンクリートの隙間からいろんな草花が自然に根付き。

ここには、ヒメツルソバ。

金平糖のように愛らしいピンクの花を咲かせていて。

道端でよく見かける花は、みな可愛くてたくましい。

凄いなーと、単純に尊敬しています。

 

草花と呼ばれるか、雑草となるのか。

花も表裏の物だなーと。

| masutake | 教室 | 14:41 | comments(0)
開けっ放し

静岡も、桜満開に!

ようやく、寒くない日になりました。

店の入口の引き戸も開けっ放しになりました。

 

男性が、友禅和紙の桜の柄を悩みながら選ばれました。

会計時、娘さんのノートにカバーをかけて差し上げるという、

なんとも、心が優しくなるお話を伺えて。

手漉奉書をお求めは、ご近所のお食事処、福助さんの親方さん。

いつもの奉書紙と、ご来店下さるのです。

 

 

毎年の、白い山吹の花も頂きました。

趣味人、陶額家の中山順二さんから。

中山さん製作の一輪挿しに入れれば決まります。

5月に、静岡で個展をされるそうです。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:33 | comments(0)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ