静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
<< 京千代紙 | main | 紙を切る >>
コロナ禍だから

コロナ禍だからこそ、かもしれません。

 

ご来店のお客様の、

それぞれの紙のかかわりを知ると、感動の多いこの頃。

 

ボランティア活動で和紙を使う方。

今回は、この柄が一番イイと、藤枝からご来店。

そう!この柄は、私も大好きです!

   

オリジナルのふところ財布を二つお求めの方。

香もつけて、それぞれ贈り物に。

それは、ご結婚一年目をむかえる息子さん御夫婦へ。

紙婚式だから、どうしても紙の物って、思ってと。

たった、そのひと言だけで、

母親の気持ちが、どうしようもないほど伝わってきて。

紙を現場に、なんていいお話伺えたんだろう、と。

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:58 | comments(2)
どの和紙も見ているとみんな良くて欲しくなり困ります

いつもアドバイス有難うございます&#128166;
ノートカバーもたくさん作りそうです。
| いちごの会 | 2020/09/03 6:47 PM |

こちらこそ、毎度ありがとうございます。
いつも 
和紙が喜んでる使い方を見せてくださって!
また、お待ちしています。
| ますたけ | 2020/09/08 10:52 AM |










  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ