静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
<< 整理整頓 | main | 似合うカゴ >>
門前の小僧

ますたけの障子紙。

継がれた19m巻きの大極殿は祖父の時から。

近頃は、紙は漉かれても 紙を継ぐ方が少なくなったそうで。

需要も減りすぎた。

建具の障子が、道具から飾りになってきた感じも。

 

大極殿は入荷も困難になり、販売にも及び腰ですが。

数年ぶりに、そのご常連さんのご来店。

まだある?心配だから、4本準備しておいてね、

私は、この障子紙でないと嫌なのよ、と。

  

準備とは、裁断のこと。1.6cm切るんです。

集中が途切れると、最悪の切り口になるので慎重に。

・幅をとるように戻す

・整えて、指定の幅を切る

・巻き戻す

幼い頃から見てきた作業。

誰からも教わらず、いまやっている不思議。

まさか門前の小僧になるとは思わなかった!と、

母が私に言う。

| masutake | ふすま・障子紙 | 13:10 | comments(0)









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ