静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
<< お祝いの金封 | main | 充実の折紙 >>
茶チリ紙

ふすま紙の下張り用の茶ちり紙。

千枚単位で、次々と出荷されていった頃の事実も、もう幻。

近頃は、茶チリ紙を包装紙として使って下さる方も。

驚くほど、おしゃれな包みに活用されてます。

 

 

 

 

本日は、お茶関連などの箱やラベル貼りから、

ご朱印帳を作ったり。

ありとあらゆる紙の仕事をされているご夫妻。

先代から続く仕事は、家内制手工業。

今では、昭和のイメージ強く感じる産業形態ですが、

今において需要は減っても、無くてはならない存在。

存続には、ご苦労も多いはず。紙かかわりですから余計に。

 

そして、特筆すべきは妻の仕事のたいへんさ。

家事全般、三度の食事の準備も毎日の事。

家事が終われば、夫と並び仕事。

ちょっと外出なんて、ままならない職人の妻。

ですから、帰り際伝えてしまった。

奥さんを大切にしてくださいよ、

女は、仕事だけじゃないんだから!

妻って、たいへんなんだから!って。

そしたら、笑いながら帰っていかれた。

妻は、三歩ほど夫の後ろを歩いていた。

そんな妻の姿に、惹かれてしまった。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:20 | comments(0)









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ