静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
<< おほしさま | main | ノートのカバー >>
折紙のツル

夏休みの頃になるからでしょうか。

この頃は、「おりがみ」のご相談が続きます。

本日も、不思議に続いてのご来店。

 

「おりがみ」の本をご購入の場合は、

丁寧・親切な折図かどうか見てみましょう。

折れる、折れない。出来る、出来ないは別にして。

折図が丁寧な本と出あえるといいですね。

本を贈り物にと考える場合は、なおさらです。

 

「折鶴」あまりにも有名な伝承作品、そして平和のシンボル。

一回は、どこかで折った記憶があるからでしょうか、よく耳にする言葉。

ツルくらいは折れる。とか、ツルしか折れない。

折鶴って、けっこう難しいんですよ。

なかなか、きれいに折れないんですよ。

丁寧な折図を見ながら、折ってみたらどうですか、と話したり。

 

 

今朝は早くから、店のリングシャッターの修理。

暑さの中、丁寧な仕事の終わりにキンキンに冷えた緑茶を出します。

折紙の展開図の模様の大きな湯のみ茶碗です。

| masutake | おりがみ | 17:22 | comments(0)









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ