静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
<< 一閑張り | main | 久しぶりの出張講座 >>
反古紙

以前より扱っているレトロなデザインの反古紙は4種類。

 

先代の頃には、包装資材としての出荷が多かったそうですが。

今は、一閑張りのカゴに張るための出荷がそのほとんどです。

同じ柄も、使う方の個性によって様変わりしていきます。

 

品切れ中の印譜、入荷しました。

 

一枚から、各柄200円で販売しています。

どうぞ、お気軽に。

 

 

 

反古紙(ほぐし)とは。

本来の意味はストレートにいえば紙くずのようなこと。

書画などをかいて不用となった紙。書き損じた紙などのこと。

紙としての用途の終わった紙を意味してもいるようです。

そして、損じた紙だからこそ使う。

 

屏風や襖の下張り紙をはじめ、

様々な繕い用に損じた紙を張っていた時代、庶民の生活の知恵です。

今の時代の再生紙とは、ちょっと違う感じで。

| masutake | 和紙関連 | 13:48 | comments(2)
お店の電話番号をお知らせください。少々お聞きしたく思います。
一閑張りを作っています。
連絡お待ちしています。
| ひろ子 山口 | 2018/11/26 1:46 PM |

店の電話番号は ますたけHPでご案内しております。
http://masutake.com/eigyouannai.html
054-254-4541です。
営業日、営業時間内にお願い申し上げます。
| ますたけ | 2018/11/27 11:38 AM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ