静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
<< 少しづつ入荷 | main | 紙屋と雨 >>
紙、ひとすじ

過日、

3月16日の静岡新聞朝刊に折り込まれた呉服町名店街の逸品カタログ。

ご覧いただけた方には、驚かれたことでしょう。

私も、驚きましたから。

 

母が、その誌面の表紙に店舗の案内と共に大きく載せて頂きました。

呉服町で七十年商い続け過ごし続け、

正しく、紙、ひとすじの母です。

 

 

 

静岡呉服町名店街 各店情報から

http://www.gofukucho.or.jp/shop.html

江戸時代から続く老舗でありながら、常に時代を見据え新しい挑戦を続けている店。
自分が取り扱う商品を愛し、こだわり、ほんものだけを扱っている店。 0.1mmの繊細な作業をさりげなくこなす店。
呉服町には静岡、いや日本のどこを探してもないような、ココにしか無いお店が数多くあります。
そしてそういうお店を支えているのが「呉服町の人」なのです。

 

 

 

| masutake | ますたけの事 | 15:46 | comments(0)









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ