静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
<< 大道芸ワールドカップ | main | この季節 >>
この青い空で君をつつもう

先週。

私が店を留守にしている時に、急な、驚く事態がいくつかおきましたが、

妹が、店で一人、そんな事もこなしてくれました。

 

作家の瀬名秀明さんの新刊書。

「この青い空で君をつつもう」は、静岡市が舞台となったラブストーリー。

この作品の主人公が、呉服町の和紙屋の娘。

そして、その和紙屋は「ますたけ」がモデルになったという。

不思議不思議、思いがけないことがおこるものです。

既に何度も読み返した母は、お気に入りの文章に印が付けられていて。

それも楽しみながら、本日ようやく読書です。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 11:09 | comments(2)
話題の本だったので読んでみました。読み始めてすぐに「あれ?呉服町の和紙屋ってもしかして、ますたけさんのことかな?」と思いましたが、折り紙が最初から最後までキーポイントになっていて、これは間違いなくますたけさんが取材されていたり、折り紙指導とかで関係しているのでは…と。
ブログを見たらこちらの記事を見つけたので遅ればせながらコメントいたしました。知っているお店が小説の中のモデルになるって、なんだかすごく嬉しいものですね!!
| fushimi | 2016/12/23 6:00 PM |

伏見さん、ありがとうございます。
私には、なかなかと難しい本でしたが。
モデルというありがたい事実に、まだ驚いています。
| ますたけ | 2016/12/24 12:33 PM |










 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ