静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
カルチャー再開

朝日カルチャー、今月、本日が再開日だった。

先週は、その準備を緊張しながら行った。

楽しく、役にたつ講座にするためにはと、何度も考えて。

みなさんが、楽しかった!と言われて終わる時、ようやく緊張が解ける。

 

これは、包みの準備。

自分用の包みの準備です。

めだかの赤ちゃんがどんどん増えてくる。

世話をしきれるかしらと、心配になるほど。

この中に、もう30匹以上の命がいる。

 

| masutake | ますたけの事 | 16:41 | comments(0)
6月の暦

来月の営業の暦です。

| masutake | ますたけの事 | 17:38 | comments(0)
キレイな色

毎朝、お昼用のお弁当を作る、簡単に。

それを食べた、娘の時々の感想が、ユニークで。

ママの今日の卵焼き、見た目 病気みたいだったけれど。

食べたら美味しかったよ。

蕗が入ってたんだね、と。言ってきた。

 

私が作るお弁当は、今も昔も、全体が茶色なんだそう。

他の人のお弁当は、キレイな色だったから、と。

 

そんな娘からは、おやつが届いた。イチゴがキレイ。

  

今日の仕事は、キレイな色づくし。

 

 

 

 

 

| masutake | ますたけの事 | 15:08 | comments(0)
吹き掃除

仕事に、物づくりに行き詰まったときには、吹き掃除。

そうなった時には、突然!と、

雑巾を絞り、店の床を隅々まで吹き上げる。

体中の筋肉が、目を覚ます感じ。

 

数分前までは、和紙を手に五里霧中状態になっていて。

そんな時の、強力な助っ人はゴム手袋。

気分やの私に愚痴も言わず、拭き掃除を手伝ってくれる。

 

そして、気分すっきりになれば!

ゴム手袋をとって、和紙のことに戻ります。

| masutake | ますたけの事 | 14:35 | comments(0)

静岡の苺は美味しい!

毎年、クリスマスの頃から販売されますが。

お高い。

今頃の苺は、とてもお安くなり完熟であま〜い!

あきひめと紅ほっぺがいい。

毎日、せっせと苺が食べられて幸せ。

 

 

| masutake | ますたけの事 | 15:33 | comments(0)
5月です。

5月です。

ますたけは、

本来の暦通りの営業ですが、閉店は5時にしております。

 

明日、明後日は営業日です。

今日は。休業日ですが、静かな店に居ます。

新型コロナウィルスは、猛威を振るい続け私の町の状況も一変させました。

ふだんは当たり前だった、

多くの人や車が行き交う景色が消えて長い時間が過ぎました。

その静まり返った町の空気の中に、

私は、色さえも消えてしまった感じがしています。

今の町は灰色。いつもは大好きなグレーが虚しい色に。

今、色が恋しいと思いつつ、きれいな色の和紙を手にし続けています。

ふだんは、久しく口紅には縁がありませんでしたが。

自分の顔にさえも、色が欲しくなるこの頃です。

 

みなさま、どうぞご自愛くださいますように。

| masutake | ますたけの事 | 15:03 | comments(0)
寒くない!

今日は!寒くない!有難い!

 

体中に、日を浴びたくなる陽気。

家のコンクリートの庭に、出たり入ったり落ちつかない。

家のメダカが、スイスイと。

去年産まれた子が、メガ!になって嬉しい。

 

家の周辺の多くのコインパーキングからは、音もしなくなった。

一台も、車が入っていない光景も時おり。

漠然と、不思議な光景でもあります。

| masutake | ますたけの事 | 13:22 | comments(0)
黙々と

外出自粛の中。

静岡の桜は、そんなことを知るよしもなくみごとな満開。

そんな今年の桜は、特別な桜に感じます。

 

 

訪れる方も少ない営業日ですから、黙々と仕事をしています。

好きな柄で作る。

慣れた作業も、集中が途切れるとたいへんなことになる。

| masutake | ますたけの事 | 14:27 | comments(0)
ホテイアオグサ

今日は。

メダカさんた達に、お土産を頂いた。

ホテイアオグサに、嬉しそう。

 

 

 

朝刊の静岡新聞の折込に入りました。

さっそくに、お問合せのお電話頂いてます。

 

| masutake | ますたけの事 | 15:22 | comments(0)
土曜日

土曜日。

 

 

午前中は、紅葉山庭園の茶室雲海へ。

特別な茶会にお邪魔してきました。

  

茶師、お菓子、和紙。

それぞれが繋がり、貴重な体験。

 

 

その余韻を残しながらも、急ぎ走って店へ戻ると。

間もなく、清沢小学校の小林先生がご来店。

子供たちの、お礼の手紙を持ってきてくださった、と。

感動です。

さらに、卒業式での紙の演出のご相談。

ご希望を伺って、ちゃちゃっと作りました。

先生が、卒業生の名前をここから呼びます。

今度は、先生が、感動されていた。

 

| masutake | ますたけの事 | 14:08 | comments(0)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

このページの先頭へ