静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
全部一番

ますたけの和紙の柄を選ばれる時。

韓国からのお客様のご来店が続いた時も。

上手な日本語で、

ど・れ・が 一番・の 柄・で・す・か?

と、聞かれました。

もちろん、そのお答えはどんな時も同じ。

私の店の柄は、全部が一番なんですよ!と。

そして、みなさん笑って下さいます。

 

家の猫。

台所のカウンターの和紙の隙間から、私の作業を覗き見。

猫も、感情が表情に出るんです。

私のご飯は、まだなのかな?

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:33 | comments(0)
季節

 

季節を楽しむことは難しい。

めぐる季節に、

追いまくられ、追い込まれてしまってます。

これは、怠け者性分の証拠です。

 

また!

お雛さまの季節の準備ですって!

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 11:24 | comments(0)
春めく

 

店内は。

春めいてきました。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:37 | comments(0)
冷たい日

冷たい日。

しかも、日曜日。だーれも来ないかもしれない。

 

そんな中のご来店のお客さまに、気持ちがホッコリ。

 

必要とする紙を、限られた在庫の中から、

知恵を絞りながら選んでくださいます。

いい感じ。

今月、講習を行うらしい、干支のちぎり絵。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 11:07 | comments(0)
福の神

新年、今日から営業日にしましたが。

土曜日ですし。

お人も来ないかもしれない、と思いながら準備をしていたら。

  

都さーん!都さーん!って呼ばれて。

その優しい笑顔は、福の神に見えてしまった。

今年の一番目のお客になりたかったから、って。

涙腺が緩みそう。  

その後、続くお客様には、福の神のおかげと思う。

 

 

 

また一年。

ますたけの紙が必要な時や見たい時。

ふと。

気軽に、気安くご来店いただける様に。

気負わずのご来店をお願い致します。

ますたけらしく励むつもりです。

 

 

☆年賀状を頂きました。

ありがとうございました。

今年から、ますたけは失礼致しました。

どうぞ、お許しください。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 12:07 | comments(0)
包みのご相談

驚いた。ようやく、終わった。

ある瞬間から、包みのご依頼、ご相談が続いた。

次々と。みなさん、お店の方々。

それは、怒涛のように、と言えた。

最後の方は、お待ち頂いた。

ワイン屋さんで販売する日本酒の紙使いのご相談。

その紙の特徴、切り方まで。

教室みたいになってしまう。

気に入って頂けるかどうかわかりませんが。

スタイルは、ますたけの感覚でご案内。

お役にたてれば嬉しいのですが。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:58 | comments(0)
二つの店

ますたけには、店が二つのように見えますが。

店内中央で、つながっています。

和紙類と、服飾雑貨類。

 

服飾雑貨のご常連のお客様方は、和紙の方から。

全然、店のタイプが違ってますよね!と、言われることも。

でも、

実は、感覚は同じなんですよ、と言うと。

あーーー!わかるかも!とも言われます。

 

 

一年は、たったの12ヶ月。

あっという間に過ぎるにきまっている。

子供の頃、その一年が長く感じたことの方が不思議。

 

明日は、定休日です。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:50 | comments(0)
贈り物を包む

12月も半ばですが、なんとなく静かな街中。

それでも、

お持込のお品の包みのご依頼が多くなりました。

贈り物の、季節です。

  

こちらでは、何でも包んでくれると聞いてきましたが、

と、初めてのご来店の方も。

店内に明記はしておりませんが、なんでもお包み致します。

その他の事も、

紙の事についてはできる限りは何でも行っております。

| masutake | 店の様子/出来事 | 12:11 | comments(0)
書を飾る

ふと、ご来店の方にご質問を受けました。

この書を、簡単に飾れるようにしてくれないか、と。

お伺いすれば、表具屋仕事の掛け軸にはしたくないと。

気軽な感じにして欲しいと。

そんな事でしたら出来ますが、その場で返事をどうするか。

今回は、事情をうかがった上で直ぐに、お受けしてました。

年内に出来ますか?いいえ、明日にはお渡ししますよ。

私が受ける仕事は、時間をかけない。

その方が、よい仕上がりになるのは経験から。

 

墨汁の水分で伸びきってしまっていた半紙のあちらこちらのシワも。

表装仕事はしないので、のばさずにそのまま処理をして。

裏打ちによって、なんとか押さえ込んで。

残ったシワは、思い出のシワに。

こんな手軽な感じなら、数時間で仕上がります。

| masutake | 店の様子/出来事 | 10:18 | comments(0)
おりがみのサンタクロース

とても簡単ですが、

重宝に使えるおりがみのサンタクロース。

(山口真・作)

今年も、店内でご案内致します。

置くだけでも。

カード類に貼っても。

そして、オーナメントとして吊るしても。

まだまだ、使い方がありますよ。

色様々なサンタクロースをますたけ色で、使い方をご紹介。

 

ご希の方は、ご来店時にお声かけください。

サンタクロース、作りたいです!と。

 

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:19 | comments(0)
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

このページの先頭へ