静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
一閑張りのお客さま

一閑張りのお客さまが目立ちます。

お客様が、先生なのか、経験者なのか、初めての方なのか。

全くわからずで応対しておりますが。

何でも、ご相談下さい。

出来る限り、お答え致します。

ご希望に合わせて、紙もご用意させて頂きます。

柿渋・糊も販売しています。

 

一閑張りでお困りの方は、どうぞお気軽に

ますたけにご来店下さいますように。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:49 | comments(0)
作業中

週末の土曜日。

無心の作業の手は、ほとんど止まらなかったのですが。

 

電気の傘の中に和紙を入れたい、でもうまく入らない!という方がご来店。

それでは、今日だったらその傘をもっていらしたらやってあげる、と。

そしたら、お持ちになったんですよ。全部!

うまく入った。やっぱり、紙屋さんね、と言われた。

時おり、ご遠方からお出かけ下さる方がいらした。

作業をしている感じを一気に消して、こんにちわ!

この方は、ますたけをごひいき下さっている方。

東京、京都もよく行くけれど、ますたけさんに勝る店はないです。と。

たいへんでしょうけれど、私はファンでいますので。と。

そんな事をお会計中に笑顔でおっしゃるから、震えてしまった。

嬉しかったんだと思います。

 

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:54 | comments(0)
雨の一日

雨の一日でしたが、いろんなお客さまと出会いました。

一閑張りのご質問、次から次へといっぱい。

教室に通われていると、疑問も多くなるようです。

その疑問を一度にスッキリと解決するためには。

ますけの教室ご予約をおすすめしました。

男性が、便箋を真剣に探されているので、どんな事に使うのかお伺い。

そしたら、プロポーズの手紙を書くって!

私は、足がガクガクとしてきちゃいました。

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:04 | comments(0)
休み明け

 休み明け、火曜日。この週も頑張って!と思う。

 

一枚のハガキをわざわざ買いに来てくださるいつもの方。

単純に、とても嬉しい。

 

一閑張りのお客さまも。

ますたけの紙をお使い下されば、

そのコツを一生懸命にお伝えしています。

 

さー、たいへんですよ。

5月の連休頃に、いろんな型染・友禅和紙が入荷しますよ。

足を棒にしながらも楽しく捜してくる柄。

お客さまが、気に入って下さるといいな〜と。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:51 | comments(0)
お声かけ

突然、カシャカシャ!と、携帯カメラのシャッター音。

音が出ない場合もありますし。

断りも無く、そういう行動をされると戸惑いから

時に、怒りにも変わります。

ますたけの常識、モラルが世間とズレているのかもしれません。

が、お声かけは、必ずお願いします。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 12:36 | comments(0)
閉店時間

日曜日、閉店の時間です。

 

その閉店間際、書家の朝比奈先生がご来店。

以前にますたけで書道教室をやっていたなんて、遠い記憶。

お神酒の匂い!

懐かしさで、寄ったんでしょうね。

もう閉店時間、閉めますよ。

さーさ、気をつけてお帰り下さいね。

 

ますたけ付設の服飾雑貨。

16日まで、池袋パルコに出展中。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:20 | comments(0)
素敵はいらない

季節のハガキ。

好んで仕入れている、ハガキはおすすめ。

その辺で、見ない・売っていないというのもポイント。

 

 

もう、周りの紙事情を気にしなくなってずいぶん日がたちます。

自分から情報は仕入れない。

本や雑誌、映像からも。

それでも、わざわざ教えに来てくれる方もいる。

 

あの雑貨屋さんでも、とある器屋さんでも、あの美術館でも!

素敵な和紙の小物を販売し始めましたよ!と。

ますたけさんと、一緒のものも販売してますよ!って。

 

そうですかー、そんなことも随分前からですね。

ますます、力のある和紙の小物を販売してかなくてはねーと。お返事。

ますたけに素敵はいらない、力のあるなしが大切なんです。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:11 | comments(0)
三島から

三島の風間さん。

そろそろ何かしたいと、電話がかかってくるんです。

  

土日でも、押しかけてきます。

今日は、大きな竹カゴを三つも持ってきて、驚きました。

一つは、9年前に教室で作ったカゴ。

取っ手が壊れたので、その直し。

後の二つは、下張り終えていてこれからどんな風に仕上げようかと。

ついでに、張り方忘れてるかも知れないから、ちょっとだけ張ってみると。

 

めどがついたカゴを、ニコニコ顔で風呂敷に包んで三島に帰られます。

長い紙のお付合い、思い出ばなしも沢山になっていきます。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:29 | comments(0)
ちょっとした物

本日も教室で、二つ折りの物入れをご紹介しました。

これは、ちょっとした物ながら

私の中では、今最高の紙の物入れで。

教室のご常連には、挑戦して頂いてます。

製作途中の、言葉や文章では伝えられない感覚を

ここで、確実にわかって頂きたい!の思いです。

製作中の体の感覚や神経は、両手の指先にだけ集中させて。

目は閉じていてもいいくらいにね、と。

私自身の、製作中の神経の動きをお伝えしたいのです。

 

静岡らしい、

ちょっとした物を差し上げたいとご来店の方には。

富士山の表紙の一筆用メモをご案内しています。

ちょっとした物、って、深い言葉です。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:57 | comments(0)
日差し

 

日差しが戻りました!明るい店内。

そのせいでしょう、

ご来店のお客さまと、会話弾みます。

大好きなひと結び。

和紙だけでなく、靴も。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:48 | comments(0)
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ