静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
嬉しいたより

額には、名画のリトグラフ。

そのお包みのご依頼は、大高画廊さん。

さらっと、包んでね、と、先代さんから言われてました。

どんな方のもとへ行く絵なのかと、想像しながら。

さらっと、包みます。

 

 

 

 

嬉しいたよりでした。

藤枝氏下当間ふれあいサロンのスタッフの方々が、

ますたけの紙を活躍させて下さっています。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:56 | comments(0)
呉服町名店街から

教室では、私も夢中になって。

瞬く間に、夕方になりました。

包みのお客さまも。

 

そして、呉服町名店街から

マップと逸品カタログが届きました。

街を楽しんで下さる方が増えますように。

ますたけにも、お気軽にご来店下さい。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:53 | comments(0)
海外に送る

度々、海外に送られる方。

今回は、メキシコに送られるということで。

それは、プレゼント、贈り物。

浅草の文扇堂さんのお扇子がたくさん!

私も、こちらの扇子を使っています。

お江戸の粋な扇子です。

 

そして、ますたけの千代紙も一緒に。

傷つかないように箱に入れて、

包んで、そのまま送れるようにして。

 

嬉しい贈り物、それがでてくるまでの包み方。

楽しく仕事をしています。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 10:18 | comments(0)
椿の花

 

椿は、4月まで美しい花を咲かせ、香らせてくれるそうで。

この店の前に生けられた赤い椿の花に魅了させられて。

店にも、椿の花の葉書を並べれば、香りまでしてきそう。

 

  

今日の教室は二度目の方で。

すっかり、私にも慣れてくださった。

入れ物づくりを、とんとんと、2種類。

お札入れは、さっそく卒業のお祝いに使われそう。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:44 | comments(0)
ますたけの紙

公民館や、学習館での講座のご依頼。

若い頃は、積極的に参加させて頂きましたが

若くなくなってからは、

せっかくのお話もお断りしていた。

ところが。

つい最近、そのお誘いの連絡を頂いた時。

躊躇なく、やらせてください!と、返事をしていた。

還暦もどうってことなく、あっさりと過ぎていき。

自分の何かが変わったのか。

何かに腹をくくったのか。

講座の内容を考えながら、ワクワク!している。

ますたけの紙を、使って頂けるから。

| masutake | 店の様子/出来事 | 11:24 | comments(0)
楕円の竹カゴ

楕円の竹カゴは、重宝な形。

一閑張りしなくても、

その形と竹をそのまま楽しめます。

商品も入れる時には、そのままの方が良い時もある。

和紙を敷いて。

和紙小物 ますたけの小ぶりの小判型、可愛い型染和紙のカゴ 

 

一日、雨ですね。

とても、静かです。

ふと、ご来店の男性が

型染の朱肉をお求めだった。

とても、印象的でした。

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:08 | comments(0)
アステン

静岡新聞折り込み「asten 3月」

ますたけ付設の店の商品が表紙に!

ますたけには、楽しい物がいっぱい。

呉服町の横丁。間違えないように、

是非一度、お気軽にご来店下さい。

 

おやすみの日

毎週月曜、月末の土、日曜日

第3第4の日曜日

| masutake | 店の様子/出来事 | 20:40 | comments(0)
包みます

ひたすら、包みます。

 

お品は、ますたけの紙のもの。

ふんわりと、さらっと包みます。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:01 | comments(0)
一閑張りのカゴ

外はポカポカと、あたたかな日和のようで

一閑張り用の紙をお求めのお客さまが次から次へ。

 

男性の方が作るカゴは、切り絵風。

  

 

沼津からのご婦人は、昔のこいのぼりの生地とアレンジ。

  

 

どちらも、ますたけの紙をお使いいただいていて。

見えない場所ですが、下張りの紙はますたけの紙が最高!と。

 

お安くて、その仕事を充分に果たします。

桑チリ紙、一枚80円(10枚から販売いたします)

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:39 | comments(0)
私の和紙のカゴ

現在、一番重宝に使っている私の和紙のカゴ。

スーパーでの買物で、重たい物も入れてます。

持ち手の紐のワイヤーが、とうとう切れました。

 

直します。

もっと丈夫に使えるように、直しました。

 

一閑張りのカゴ、私にとっては和紙のカゴ。

その教室も、ご予約で行っています。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:38 | comments(0)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

このページの先頭へ