静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
暑い!

空気が重く感じます。

ご来店下さる方は、「暑い!」と、お顔も赤いです。

店内も冷房つけてますが、この入口の戸は、

重くて滑るのでこのくらいは開けっ放し。

気になさらないで下さいね、手を挟まないように。

この暑さにご来店下さる方は、目的あってのお客さま。

ありがとうございます。

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:18 | comments(0)
早急に必要

悠長に、店の紙類を使う気にはなれないですね。

売る方も、そんな気分ですから。

ご来店下さる方々は、早急に紙の必要な方ですよ。

ご希望の紙が在庫にあるように、一生懸命になってます。

 

ひたすらの土砂の片付けは、人の労働力。

道具は、スコップ一本。

そんな様子をテレビから見ていると、重苦しい。

この時代でも、一般人も老若男女が必死の労働。

それが、どんなことなのか当事者でなければわからないのだと。

店でも、そんな話し。また雨が降るから余計に。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:15 | comments(0)
窓を拭く

店の窓を拭く。

けっこうな大きさで、いつも覚悟して行う。

窓拭きに、洗剤は不要。乾いたタオルでひたすら磨く。

ということも、苦労の末にわかったことでした。

 

こんには!って、週末のお客さまがご来店くださった。

いろいろのお話を伺いながら。

いつものおばあちゃま。友禅和紙を15cmに裁断させて頂く。

次々と選ばれるから、今日はこのくらいにしたらと言ったら。

このお店は、面白いね。

もう止めたら、と、いつも言うね〜と、笑顔を下さった。

何度も来てほしいからですよ。

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:25 | comments(0)
ますたけでアクセサリー

雨の水曜日。

ますたけの服飾雑貨類をお求め下さる方々。

 

カワイイ!って、いっぱい言ってもらって。

ピアスやブローチ、ヘアゴムも個性豊に揃います。

今年はフルーツが豊作のようです。

 

ますたけでアクセサリー。

楽しんで下さい。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:25 | comments(0)
一閑張りと夏

休み明け。

開店早々から、一閑張りのお客さまが続く。

でも、そろそろ、それも終わりかなーと思う頃。

一閑張りは、エアコンが苦手です。

糊が乾き易くなり、なかなかたいへん。

夏の暑さを感じる頃になると、

一閑張りのお客さまやご相談が極端に減りますので。

 

襖・障子紙張りもエアコンはダメですよ。

プロは、たとえ灼熱のごとくの暑い中でもエアコン知らず。

仕事場では、暑さもどうってことないような感じで。

まさに、滝のような汗をかきながらの仕事です。

いよいよ、多くの方が嫌がる暑い夏の到来です。

夏の暑さの中、一閑張りをされる方々を応援します!

紙屋ますたけ流、きれいに張るコツ、お伝えします。

 

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:51 | comments(0)
湿度

梅雨に入りました。

この季節は、紙の状態がふだん以上に気になります。

湿度が高すぎると、紙はかわいそう。

 

今年は、頂いたキューブで湿度と温度がわかります。

このキューブ、2個をくっつけると時間表示にかわります。

大切にしていた頂き物も、店に運び実用使いです。

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:46 | comments(0)
両替

私にとって、特筆すべき出来事だった。

 

店の前は、コインパーキング。

しばしば一万円札を手に、両替のお願い。

そのされ方にもいろいろありますが、基本的にはお断り。

 

本日、店に似合わない男性がご来店。

全身ブランド物と、ひと目でわかる。似合ってる。

何か?と聞けば、いいえ、特別に、と。

しばらくして、名刺入れをカウンターに。

これ、使うんですか?紙ですよ!と、口にしてしまった。

エルメスのお財布をお持ちだったので、つい。

細かいお金が必要だったので、何かないかな、と店に入ったと。

なんか、これ、いいなと感じたので、買わせてもらいます、と。

 

両替希望のために、必要でなくても買物をするということ。

当たり前のふるまいだったのは、昔のことに。

びっくりしてしまった。粋な青年と一期一会。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:39 | comments(0)
アジサイ

 

ご近所のビジネスホテルの小さな花壇のアジサイ。

今年も、通行人の足を、一瞬止まらせるほどキレイ。

道路際で、遠慮しがちに咲いている感じが、余計にそう感じさせる。

 

次々と、花も巡りますが。

一年はほんとうに早い!と、言わなくなりました。

思わなくなりました。

 

この子は、お隣の猫。

寒い間は閉めきりの店の裏口を開けたら。

おばさん!久しぶり!って、優しい顔です。

 

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 11:15 | comments(0)
一閑張りのお客さま

一閑張りのお客さまが目立ちます。

お客様が、先生なのか、経験者なのか、初めての方なのか。

全くわからずで応対しておりますが。

何でも、ご相談下さい。

出来る限り、お答え致します。

ご希望に合わせて、紙もご用意させて頂きます。

柿渋・糊も販売しています。

 

一閑張りでお困りの方は、どうぞお気軽に

ますたけにご来店下さいますように。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:49 | comments(0)
作業中

週末の土曜日。

無心の作業の手は、ほとんど止まらなかったのですが。

 

電気の傘の中に和紙を入れたい、でもうまく入らない!という方がご来店。

それでは、今日だったらその傘をもっていらしたらやってあげる、と。

そしたら、お持ちになったんですよ。全部!

うまく入った。やっぱり、紙屋さんね、と言われた。

時おり、ご遠方からお出かけ下さる方がいらした。

作業をしている感じを一気に消して、こんにちわ!

この方は、ますたけをごひいき下さっている方。

東京、京都もよく行くけれど、ますたけさんに勝る店はないです。と。

たいへんでしょうけれど、私はファンでいますので。と。

そんな事をお会計中に笑顔でおっしゃるから、震えてしまった。

嬉しかったんだと思います。

 

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:54 | comments(0)
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ