静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
友禅和紙の季節

ますたけには。

友禅和紙の季節です!

お客さまが、お好みの柄をお求め下さってます。

 

夏の終わり、友禅和紙を探しに出かけました。

今回、紅白の市松に出会いました。

これで、折鶴を折るとなんともいえないんです。

それをご紹介すると、

早速に、お求め頂いてます。

市松、伝統柄です。

 

秋の茶会のご案内。

ますたけの和紙が生きるお茶会です。

前回は、参加できず。

今回は、是非!と、お誘いいただきました。

| masutake | 和紙関連 | 16:13 | comments(0)
清沢の神楽

静岡市の清沢。

今年も、神楽用に染反紙のお求めが続きます。

http://www.shizuoka-bunkazai.jp/folk_culture/cat01/post_9.html

清沢の神楽は、この先も繋げていかれるようです。

地元地区の方々の努力の賜物と、強く感じます。

 

 

 

サンタクロース。

何気なく折りましたが、

人っぽくて、面白い。

いろんな表情が浮かんできます。

| masutake | 和紙関連 | 15:53 | comments(0)
友禅和紙

友禅和紙。

先日、京都に出向き選んできました。

到着までには、少々時間がかかります。

 

新柄の数々も見てきました。

北欧系がテーマの、その雰囲気の柄も多種ありました。

が、ますたけは いつものスタイルで選択。

昔からの、友禅和紙らしい柄が好みですから。

いつもの感じが揃います。

到着後には、

このブログにてなるべく多くの柄をご案内致します。

電話でのご注文、発送も可能となります。

 

| masutake | 和紙関連 | 15:46 | comments(0)
もみ紙

黒谷和紙のもみ紙入荷です。

もみ紙といえば、これだけをご紹介続けてきました。

張る、折る、染める。

そして、障子やふすま紙までにも。

 

ブログを初めてた頃には、

威風堂々の紙、と、例えていますが。

今も、変わらずに そう思っています。

| masutake | 和紙関連 | 14:16 | comments(0)
金銀砂子紙

近づく敬老の日に向け、自治会等では準備の始まる頃。

 

毎年のお客さまがご来店。

100歳の人生を過ごしてる方への特別なお祝いのおりがみ。

今年のは、鶴が亀をおんぶしています。

亀の頭が可愛くてユニークで、そして寿が伝わります。

 

試し折りは、金銀砂子紙の白。

本番用にと、華やかな色の金銀砂子をお求め。

張りがあり、折りやすく感じてます。

 

| masutake | 和紙関連 | 16:54 | comments(0)
通好み

 

 

和紙通ならば使いたい柄。

一閑張りにもおすすめしたい。

ほんのちょっと使いが、通好み。

| masutake | 和紙関連 | 14:22 | comments(0)
黒の和紙

お待たせしました。

無地の和紙の黒が入りました。

近頃は、

切り絵、一閑張りにお使いの方にお使い頂いてます。

| masutake | 和紙関連 | 14:50 | comments(0)
型染和紙

 

型染和紙。

ご希望の柄。

運がよいと、入荷致します。

 

お好きな柄にであった時は、

迷わず買われることを、おすすめ致します。

 

| masutake | 和紙関連 | 16:10 | comments(0)
白地

白地、三柄。

自慢の柄です。

こちらも、各色入荷しています。

| masutake | 和紙関連 | 11:02 | comments(0)
特別な型染和紙

特別な、型染和紙が入荷しています。

  

居合わせた方が、キレイ!キレイ!と。

お待ちい頂いていた方には、どの色にしようかと。

悩ませています。

ゴミ箱も、ご注文を承り、

久しぶりの登場です。

 

 

土に置いただけのギンパイ草。

次々と、花を咲かせてくれてます。

| masutake | 和紙関連 | 10:33 | comments(0)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ