静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
吹寄せ風 おりがみ

贈り物に、手作り物はほとんどしない私が。

ふと、本日急に。

ちょっとだけ

心を休めて下さればと、思う方。

  

8cm四方ほどの箱を用意して張って。

伝承の折紙を急いで折って詰め込んで。

吹寄せ風、おりがみ。

二時間半。ポストに入れました。

私の作り物に、

にっこり、して下さいと願いながら。

 

 

良い天気。バッタはすこぶる元気。

 

 

| masutake | おりがみ | 14:47 | comments(0)
お正月のツリー

手の平サイズのクリスマスツリーを作ったのは十年も前のこと。

その時から、お正月用ツリーを作りたいなと思っていた。

     

飾り物は、シンプルな伝承作品。

やっこさん、船、かめ、羽子板に福助さんや箱類など。

ふくっらの星は餅花に。

| masutake | おりがみ | 11:04 | comments(0)
十五夜

母のおかげ。

単純な、十五夜のうさぎが誉められましたので、

久しぶりにウィンドーに飾りました。

染和紙の満月が主役で。

折紙のうさぎ。

ススキに見立てたのは、道端の雑草。

 

 

季節は秋。

店の空地のジャスミンが次々と花を咲かせて良い香り。

この夏は、そこに住む昆虫の観察に明け暮れて。

楽しませてもらった。

  

 

 

| masutake | おりがみ | 14:09 | comments(0)
バラの妖精

バラの花を頂きました。

小人を折って、葉の上に置きたくなったので。

バラの妖精。

 

 

この小人は、好きな作品の一つです。

シンプルな体、手、顔でいろんな表情。

お気に入りは、お座りです。

| masutake | おりがみ | 15:33 | comments(0)
干支いのしし

小さな折紙でトラックを折っていたら。

ご来店のお客様に質問されました。

来年の干支、いのししの折紙、何かいいのないかしら?

簡単で、角があって、立体のいのししを、

図書館や本やさんで探しているんだけれど〜。

お顔見れば、毎年折紙のご相談に来られるかですよ。

来年の干支。とうとうそんな時期になりましたね。

 

ますたけで販売中の折紙の本(山口真)の、いのししをご案内。

簡単、角、立体。完璧ですよ。

| masutake | おりがみ | 13:00 | comments(0)
折紙でお礼

折紙で、お礼をお伝えしたいという瞬間、

あっという間に、折ってしまいます。不思議。

| masutake | おりがみ | 17:02 | comments(0)
ジャスミンの花

折紙愛好家のご婦人に聞いたことがあった。

20年くらい前に聞いたような記憶で。

なぜ?折紙?

無我夢中になれたから、嫌なことも忘れられたから、と。

言われたようなことを思い出しながら、折紙を折る。

 

猛暑の中、家のジャスミンはみずみずしい緑で元気。

それでも、花がつきにくいこの夏。

五弁の白い花。小さくも強烈な香り。

折紙でジャスミンの花。

 

 

 

ご来店のお客さまのブラウスが気になり、そこから。

苦手な言葉は 「手づくり」

その意味するところが一緒の方だった。

 

| masutake | おりがみ | 12:53 | comments(0)
おりがみの財布

東京で紙の修行中、今までとは違う おりがみ を知りました。

そして、そこでプレゼントされたおりがみの財布は、今も大切。

それは、皮と和紙を裏打ちして作られてました。

それから、かれこれ40年近く過ぎて。

 

 

  

はじめて、作ってみよう!と、折図を見ながら。

紙と紙を裏打ちすると、機械的な風合いになるので重ねて折ることに。

コロンと、可愛らしい札入れができました。

 

 

店の前、トンボが通って行きました。

水辺も緑もないビルの間を。さぞ、暑かろう。

 

| masutake | おりがみ | 11:42 | comments(0)
七色の鶴

ご趣味の折紙用の紙をお求め下さるお客さま。

いつもバイクで、突然とあらわれます。

今日は、かわいいおりがみを見せて頂きました。

 

ある時から、私を 先生!って言うんです。

止めてください、と 何度言っても。

知らなかったコツを教えてくれたから、と。

 

折紙を折ることに夢中になっていると、

紙の特徴が置いてきぼりになることも。

折紙のお客様とそんなことをお話しできるって、面白いことです。

七色の鶴。繋がっています。

色がきれい、折りもきれい。

このままで、舞妓さんのかんざしにもなりそうです。

 

| masutake | おりがみ | 16:27 | comments(0)
折紙の瓶詰め

お土産に、小さな飴を頂きました。

その空き瓶。

 

久しぶりに、折紙を瓶詰め。

いっぱいに詰めるには、けっこうな量ですよ。

数えないで作らないと、出来ないですよ。

 

こちらは、十年過ぎた瓶詰め。

くさらないですよ!

| masutake | おりがみ | 13:29 | comments(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ