静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
ふた部分

日常で使う封筒類や金封類のほとんどは、後ろで封を閉じます。

いわゆる、ふた部分を折る仕様になっています。

 

こちらは、本来裏方のふた部分を主役にした封筒です。

名刺サイズ・お札三つ折り、お札二つ折りにも使えます。

ふた部分は厚さがあるので丈夫、ちょっとした入れ物感覚です。

 

 

23日(土)〜25日(月)

月末の三連休は、定休日となります。

| masutake | 和紙商品(小物) | 16:22 | comments(0)
懐かしみながら

ますたけの自慢の商品でした。

 

通帳やパスポート、そしてお札入れなどに使います。

黒谷和紙の型染紙と裏は無地の綿紬。

あでやかな綿紬の色はますたけセレクト。

使ってこそわかる、これならでは!でした。

 

もう、販売していません。

私も、手元の幾つかを懐かしみながら使っています。

そんなお声を、お客さまからも伺うこの頃です。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:08 | comments(0)
実は〜折れない

毎年の、名店街主催のお街ゼミナールは、いろんな試みもできます。

今回、折ツルを折る!ということに挑戦してみたところ。

ご予約のお電話を頂きながら、

実は、鶴が折れない、とか、きれいに折れないとかのお声も頂きました。

実は〜折れない。その通りなんです。

当たり前に折れそうで折れない折ツル。

きれいに折ツルを折りますよ。

講座の日が楽しみです。

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:17 | comments(0)
友禅小箱

 

5cm四方の定番の小箱。

今回、初めての友禅和紙です。

柄は二種類。

 

ますたけの小箱は、他店のそれらとは違ってます。

バックの中でも、気軽に使って頂きたい。

私には必須の物なので、そう願って販売しています。

| masutake | 和紙商品(小物) | 14:08 | comments(0)
お菓子を包む

 

おやつ向きの、静岡の美味しいお菓子のお包み。

ますたけの、懐紙も一緒させて頂きました。

気どらないお菓子ですから、ざくっりと包みます。

| masutake | 店の様子/出来事 | 12:28 | comments(0)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ