静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
型染和紙の朱肉

ますたけの型染和紙の朱肉。

お使いになってる方が、贈られた方が。

連日、贈り物用にとご来店下さってます。

 

現在 在庫が、極めて少なくなりました。

入荷を急ぎますが、なかなかたいへん。

可愛い姿で揃いましたら、ご案内致します。

| masutake | 和紙商品(小物) | 15:23 | comments(0)
障子紙の穴

障子紙の遊び方。

  

障子紙に!

穴があいてしまったら、貼りかえる前に遊べる。

穴の箇所だけ、マスのなかで紙を切り抜いて。

好みに合った、お部屋に合った、

和紙を貼る。と、楽しかったり、趣がでたり。

ますたけの和紙の使い方。際立つ実用使いです。

| masutake | ふすま・障子紙 | 11:57 | comments(0)
可愛すぎる

絶叫したくなるほど、可愛い。

お客さまがいらしたので、可愛いすぎる!と絶句した。

9cmの台にのった、昔話の主人公。

 

金太郎、桃太郎、一寸法師は、

どなたがお求め下さるか。

数量は、かなりの限定です。

| masutake | 和紙商品(小物) | 15:01 | comments(0)
入荷

贈り物のように感じます。

久しぶりに友禅和紙入荷。

好きな柄は、これで終了が多くなったいく。

京染千代紙に無地の濃紺。

紺の波柄、凛々しいです。

| masutake | 和紙関連 | 12:05 | comments(0)
春分の日

春分の日。雨。

早朝。

僅かながらも、ふすま紙の配達を西と東へ車を走らせて。

帰り、店の掃除。

商売は、掃除に始まり掃除に終わる。

亡き父の口癖がしみついて困る。

一人、淡々と何でもやる。

自分の健脚ぶりに時々驚き、いつおとろえるのかな、と。

傘入れを置いて、終了。

店の紙の仕事では、まことしやかに見えるらしい。

けっこうな雨。お客さま、来ずとも頑張ろう。

 

 

 

 

| masutake | ますたけの事 | 10:28 | comments(0)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

このページの先頭へ