静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
森の熊さん

土曜日。開店を待って、ご来店のお客さま。

ますたけの手漉和紙で襖を張った方。

ちょっとした、アクセントが欲しいと、型染紙を選ばれる。

じっくりと、楽しそう。

 

 

 

  

昨日の教室。

始まる前に、見せていただいた!

森の熊さん。

お正月に折ったそう!

昨年お伝えした、

フランスの折紙作家Viviane Berty さんの作品、熊ちゃん。

小さくて、小さくて。そして、とても愛くるしい。

おりがみの木と、伝承の箱が、全部小さいけれど!

すっきりと、みごとに一緒になっている。

私の生徒さんって、

みなさん。凄いんですよ!と、自慢したくなる。

 

バレンタイン用に、箱の中にチョコレートが入るそうですよ。

これから、この中に似合うチョコレート探しですね。

 

| masutake | おりがみ | 11:51 | comments(0)
全部一番

ますたけの和紙の柄を選ばれる時。

韓国からのお客様のご来店が続いた時も。

上手な日本語で、

ど・れ・が 一番・の 柄・で・す・か?

と、聞かれました。

もちろん、そのお答えはどんな時も同じ。

私の店の柄は、全部が一番なんですよ!と。

そして、みなさん笑って下さいます。

 

家の猫。

台所のカウンターの和紙の隙間から、私の作業を覗き見。

猫も、感情が表情に出るんです。

私のご飯は、まだなのかな?

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 17:33 | comments(0)
紙の事

紙屋が紙の事をお伝えするということ。

とても悩みながらです。

 

完成した時。

売りたくなっちゃうほど!と。

思わず言われた時、ものすごくホッとします。

 

 

| masutake | 教室 | 16:05 | comments(0)
教室

年明けて。今週から教室の開始です。

 

本日は、藤枝から。

藤枝でのカルチャーからお付合いの方。

今年も、ご縁を作って下さる。

 

午後の教室は、私の店の教室の最初の頃の方。

12年前。

ご自分のご希望の内容で、手際もよくて。

売りたくなるような物が、仕上がっていきます。

 

教室。今年も始まりました!

| masutake | 教室 | 19:52 | comments(0)
季節

 

季節を楽しむことは難しい。

めぐる季節に、

追いまくられ、追い込まれてしまってます。

これは、怠け者性分の証拠です。

 

また!

お雛さまの季節の準備ですって!

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 11:24 | comments(0)
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

このページの先頭へ