静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
教室

本日の教室のご予約は、男性。長く通われてます。

ですから、非常に悩みます。

職人気質の物づくり、完成度も高い方で。

もうお伝えすることがない!と、その時間まで悩んでます。

取りあえずは、大きな手で折紙を折って頂きました。

こんなことするの?と言いながら、お孫さんが喜びますから。

そして、流れで箱物づくりになりました。

本日も大収穫!と言われた終了時間、ようやくホッとします。

 

次回のご予約は、課題を作ってお願いしますね、と。

| masutake | 教室 | 16:00 | comments(0)
金銀砂子

金銀砂子紙。

色の民芸紙に金銀砂子がふられています。

きれいな色は、

需要が減ってきても揃えておきたくなるものです。

 

赤と白、ご注文を受けました。

お祝用の折紙を折られるそうです。

 

| masutake | 和紙商品(小物) | 15:00 | comments(0)
使い方、あれこれ

店内の紙の商品は、お客さまの必要な場に合わせて使われます。

 

お客様が、江戸千代紙の金封と熨斗紙を選ばれました。

残暑お見舞いに、お寿司券をいれて差し上げるそうです。

お相手の方が、とても風情のある方だそうで。

 

涼しげでいいですね〜
真似してみたくなりますよ。

お客様がいろいろ教わります。使い方、あれこれ。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:08 | comments(0)
筒の入れ物

筒の入れ物。

とても久しぶりの入荷です。

店内が、明るくなったような気さえします。

どんな印象をもたれるでしょうか。

お人によって、それぞれ、いろいろ。

使い方も、それぞれ、いろいろ。

贈り物にも、喜んでいただけます。

 

 

今日からアイフォン7。

いい仕事したいと思う。

| masutake | 和紙商品(小物) | 14:53 | comments(0)
いろいろの準備

浅間神社でセミの声が聞こえたような。

これからが夏も本番ですが、店では夏の終わりの準備です。

秋のこと、来年の干支のことまで頭の中をめぐります。

あーあ、と思ってしまう季節です。

 

型染和紙から友禅和紙に。力の配分も変えていきます。

 

毎年の秋の行事。

静岡名店街主催のお街ゼミナールの準備が始まりました。

毎回、驚くほど単純な簡単なことを紙からお伝えします。

今年も、ますたけは参加させていただきます。

 

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:33 | comments(0)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ