静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
和紙の髪留め

紙に恋してるお客さま。

ますたけの和紙を手にされる時

ぽっと頬が色づく。

  

和紙の髪留めがお似合いで。

その緑色が美しく映えている。

小さな場所で、大きな存在感は、

ますたけの和紙の髪留めです。

 

本日も、お客様の目を釘付けにさせた和紙の物。

可愛すぎて、もう買っちゃう!と、おっしゃった。

そんな方に使って頂くは、幸せな和紙の物です。

| masutake | 和紙商品(小物) | 20:16 | comments(0)
こんなところに和紙

ポスターが配布されました。

マスク着用と、手指の消毒は日常の習慣となりました。

良い習慣が身につきました!

 

この先も、ずっと消毒用品は必須になりそうです。

 

店内の消毒用、こんなところにお気に入りの和紙。

こんな何気ない日常の和紙使いは、

特別な空間や場で使う以上に、好きですが。

清潔感を損なわないように、注意は細心です。

| masutake | 店の様子/出来事 | 16:39 | comments(0)
緊張と迷い

店の仕事では、滅多に慌てないのですが。

先ほどまで、

一枚の奉書を手にしてメチャクチャに緊張して慌てて。

老紳士が、100万円を包む金封が欲しいとご来店。

お祝いの専用の金封は、

百貨店さんで聞いたらどうでしょうか?と、お答えしたのですが。

取りあえずは、こちらで作ってみて下さい、と。

お客様がお座りになった目の前で作るはいつもの事なのですが。

老紳士の風格のある佇まいに緊張が体中をおそってきて

あーーー、期待されてる、見られてる!どうしよう、と。

イメージが浮かばない!決まらない!中でのお作りでした。

つくづく、作り物に、緊張と迷いは禁物です。

| masutake | 店の様子/出来事 | 11:52 | comments(0)
ぽちの袋を作ろう!

ますたけの千代紙で、ぽちの袋を作りましょ。

ますたけの型で作れば、既製品のように仕上がりますよ。

 

今回は、小型の袋の型をご用意しました。

型の中心に窓をあけましたので、柄をねらえます。

至れり尽くせりのオリジナルの型となってます。

数量限定、お早めにどうそ。

 

 

昨日の教室で。

コツをつかみ切れないでいたお星さま再チャレンジ。

コツが伝わりました。

手がそのように、語ってくれてました。

| masutake | 和紙商品(小物) | 15:37 | comments(0)
逸品カタログ2020

明日の静岡新聞。

静岡呉服町名店街の逸品カタログが折り込みされます。

 

 

| masutake | ますたけの事 | 13:08 | comments(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ