静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
鯉のぼりの友禅紙

鯉のぼりの友禅紙のご紹介が始まりました。

今年も、艶やかな青とピンク地を選びました。

 

菖蒲の花も、個性的な配色を楽しんで頂ければと。

さて、プレミアムフライデーに合わせて、

新聞折込にてご予約の6名の方々。

3時半から、始めましての教室を開催します。

| masutake | 和紙関連 | 13:42 | comments(0)
折り雛

折り雛を折るためにと、今年もご来店のお客さまでした。

小笠雛を折られる方が多い、印象でした。

友禅紙だけでなく、型染紙もご案内しました。

  

ハトロン折紙と、ハンコ。

とても相性がよく、鶴もキリリと折れるので、

ひたすらご紹介しております。

| masutake | おりがみ | 13:11 | comments(0)
猫のハガキ

2月22日、にゃんにゃんにゃんで猫の日とか。

なんでもいいけれど、

小動物の命は人の手で大切にしなければ。

小動物をブームにしてしまう時代に、抵抗を感じてます。

やさしい気持ちになれるような猫のハガキは定番の柄。

春のハガキにお使いください。

| masutake | 和紙商品(小物) | 13:22 | comments(0)
ご年配の方とおりがみ

店の教室。

新規で未経験のご年配の方との出会いもあります。

一対一。

人生の大先輩、心から、素適と思える物を作って頂く!は、

ますたけの教室ですから、年齢は関係ないことで。

私の心の中で、戦いが始まります。

今日は、折紙のお雛さま。

一折り、一折り、丁寧に、ゆっくりと。

されど、妥協は絶対にしない。

 

ご年配の方に、おりがみをお伝えする時は、

特に失礼のないような作品の紹介の仕方をと、考えます。

簡単に可愛く仕上がれば!だけでは失礼と思い、自問自答しながら。

さもないけれど、

心が、キュン!となるような物を作って頂きたいと。

 

午後の教室では、豆本作り。

私の心も、キュン!となりっぱなしの可愛らしさ。

| masutake | おりがみ | 15:49 | comments(0)
和紙の缶バッチ

  

紙、和紙という素材に出来ることの限界はいつも見定めます。

ちょっとアクセサリーも、紙そのままでは不向きと考えます。

が、缶バッチだったら!まさしくそのまま紙を楽しめます。

 

ますたけ付設のグリーディー内で、2月24日(金)まで、

缶バッジをご自分でお作り頂けます。

お手持ちのお気に入りのますたけの紙もお使い頂けます。

詳しくは、お問合せ下さい。

 

私だけの、和紙の缶バッチ!

洒落て気の利いた贈り物にも。

どうぞ、楽しくお気軽に。

| masutake | 店の様子/出来事 | 14:43 | comments(0)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

このページの先頭へ