静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
型染和紙のお茶缶

ますたけの型染和紙のお茶缶。

製造が困難になってきています。

少なくなってきたお茶缶が

大切な記念のお品にと選んで頂いた。

きっと、お茶缶は喜んでいるはず。

せいぜい使って頂きますように。

 

 

今日の教室のご予約は面白い。

折紙を、

もっときれいに折りたいのだけれど、という方だった。

カッターの基本からはじめて。

切ると折ると張るという作業は、一体ですから。

面白い教室はとても楽しかったそうで、よかったです。

 

 

 

 

| masutake | 和紙商品(小物) | 16:31 | comments(0)
一閑張りの紙

 

本日も、島田から富士からご来店のお客様方。

一閑張りの紙をお求め頂いています。

時に、作品はどこに置いてありますか?

と聞かれますが、ないんですよ。

HPでご紹介のカゴは、過去に販売してきたもので。

店には、実際に使っている自分のカゴだけ置いています。

手に取り見ていただいて、ご相談に応じています。

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 13:04 | comments(0)
ご注文

ますたけの和紙の物をご覧にご遠方から。

そして、

その後たくさんのご注文を頂くと嬉しさ以上に、慌てる。

咄嗟には、お返事ができない。

  

間にあうだろうか、間にあいそうだ。

 

ますたけの香は、型染和紙との香りです。

| masutake | 和紙商品(小物) | 13:50 | comments(0)
表具屋さんへ配達

ここは表具屋さんの仕事場。

ますたけの障子紙、特級を配達。

そして、お仕事を拝見させて頂けるのが楽しみ。

 

継いで継いで張る障子紙。

この継ぎの出し方は、茶道裏千家。表千家は逆。

施主様の拘りが、ひしひしと感じられてきます。

 

障子紙。

継ぐほどにいいもの、破れるほどにいいもの。

今も実際に、仕事の現場で見られます。

 

友禅和紙を熨斗に。

追加のご依頼がありました。

お客様もご一緒に、やりましょ!楽しいですよ!

 

 

| masutake | 店の様子/出来事 | 15:50 | comments(0)
箱に張る

本日の教室は、午前も午後も箱張りのご予約で。

偶然に、面白い日だなーと、思います。

 

午後はのお客様は、教室に初めての洒落たおばあちゃま。

いつも使っている千代紙ダンスをきれい!に張替えたいとのご希望。

きれいでなければ嫌なの、と何度も繰り返されながら。

  

きれいな柄でなく、きれいに張りたい!とは、知ってるな!と。

コツをお伝えすると、手際よく張られて。

まー!きれいに張れた!と、笑顔でした。

 

| masutake | 教室 | 17:00 | comments(0)
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ