静岡の和紙処 ますたけ

店主のブログ
ご長老

教室の、蕗澤さん。

ご長老という言葉が全く似合わない、ご長老。

この暑さの中も、ご予約通りのご来店。

いつもどこかに、美しい少女の面影がある方。

 

作る紙のものは、優れものばかり。お世辞はない。

年齢が近かったら、ライバル!だったかもしれないですね〜

と、冗談言いながら真剣な教室。

ほんとうは、冗談ではないけれど。

デイサービスなんか絶対に行きたくないわよ!と。

ひたすら、ますます、

良いもの作りにまい進され続けているお姿に、

停滞、低迷中の私は、かなり必死です。

 

 

 

 

 

8ヶ月ほど。

猫の居ない暮らしは久しぶりで、心がぽっかり。

でも。

突然と8月1日に猫の赤ちゃんとの暮らしが始まった。

 

| masutake | 教室 | 16:03 | comments(0)
サプライズ続き

染半紙、お求めのお客さまが続いています。

一枚25円。一枚から販売しています。

 

 

  

今日は、サプライズが続く。

朝起きて、いつもの準備を終えたら気がついた。

店に行き、PCを前にしてまた!

掃除を終え、メダカさんのお世話にいくとまた!

 

休憩時間には、ケーキでなくてカキ氷が届いた!

優しい気持ちいっぱいのサプライズでした。

 

| masutake | ますたけの事 | 15:20 | comments(0)
便箋サイズ

便箋は。

千代紙の裏に書いてみて下さい、とご案内。

そして、その場で便箋サイズにカットします。

いつもそんな感じのお客さまは、

ますたけの小物も日常使いされている。

近頃はそんな方々が、

お帰りの際に同じようなことをおっしゃる。

頑張って、ずっと続けて下さいね、と。

そんなお言葉に、自分が笑えてきたりする。

 

| masutake | 和紙関連 | 14:30 | comments(0)
料理みたいに

教室のご予約は、ご常連の方。

もう、何をお伝えすればいいのか。

ふと。ご了解の上、特別な型染和紙をお求め頂いた。

そして、

その紙を無駄無く使い、今までのいろいろを復習。

紙の種類が違うと、手立ても変わってくるのが面白さ。

料理みたいに、素材を生かし、無駄無く作って頂きたい。

| masutake | 教室 | 16:33 | comments(0)
地味に簡素に

環境問題から

レジ袋も廃止。

それに伴って、商品の包装も簡素化の傾向に感じます。

無駄なものはいらない!の生活感が

ぼんやりから、はっきりとしてきています。

 

ヨーロッパのカッコイイ生活スタイルとして紹介された

「ミニマム」という言葉が流行ったのはけっこう前の事。

そして空前の断捨離ブームになって。

結局は、そんなことがブームでなくて現実になっている。

地味に。簡素に。質素に暮らすが快適な生活のように。

 

きれいな紙も、実際はいらない。

ですから、地味に簡素に感じるような使い方がいいですね。

折りをつけずにお品にまわしただけ。

セロテープで止めずに、紙ヒモでとじるだけ。

無駄でないように感じて頂くことが重要でしょうか。

| masutake | 店の様子/出来事 | 12:24 | comments(0)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ